玉林犬肉祭り2017…楊さんとワンニャンたち。

楊シェルター犬猫支援会さんからです。

玉林犬肉祭り2017…楊さんとワンニャンたち。
http://ameblo.jp/yangshelter-inunekoshien/entry-12286253101.html


盛岡市 保護猫世話に経費支給 一時預かり希望者募集

毎日新聞からです。

https://mainichi.jp/articles/20170622/ddl/k03/010/304000c

盛岡市 保護猫世話に経費支給 一時預かり希望者募集

毎日新聞2017年6月22日 地方版


盛岡市保健所と、猫の保護活動に取り組む同市のNPO法人もりねこは今月、保護された猫の一時預かりボランティア事業「もりおかニャンとも幸せプロジェクト」を始めた。市の市民協働事業で、一時預かりにかかる費用などをボランティアに支給する。市などによると、こうした取り組みは全国的にも珍しいという。

 同事業では、市保健所で保護された猫を一時的に預かる登録制ボランティアを募集。猫の体調や月齢が譲渡に適した状態になるまでの間、ボランティアに猫の治療費や餌、消耗品などを支給する。


 事業の説明会が21日、盛岡タカヤアリーナ(同市本宮5)であり、市民ら16人が参加した。市保健所の職員らから市の動物保護の現状や一時預かりをする際の注意点などの説明を受け、実際に保護されている子猫とも触れ合った。


 猫を長年飼いながら近所の野良猫の保護や里親探しもしているという、盛岡市みたけの中野雅子さん(59)は説明会の後、ボランティアに申し込み、「猫の食事や医療費を全面的に支援してもらえるのは本当にありがたい」と話した。


 離乳前の子猫を一時的に預かる「ミルクボランティア」は全国的に広がっているが、成長した保護猫の世話を支援する活動はまだ少ない。NPO法人もりねこの工藤幸枝代表(31)は「年齢的な問題や転勤などで猫を飼うことを諦めている人にも、一時預かりなら可愛がってもらえる」と話し、協力を呼びかけた。問い合わせは、もりねこ(019・613・7773)。【鹿糠亜裕美】


中国・玉林 マーク・チンさん 500頭の犬を救出

犬肉祭りの前日、マーク・チンさんたちは2台のトラックを止め、合計500頭の犬を救出しました。


マーク・チンさんのFBより。

https://www.facebook.com/marcching


翻訳は、Hiroko Ookakuraさんより。

https://www.facebook.com/hiroko.okamura.142



(記事:マーク・チン The Compassion Project)
2017年6月20日
中国・広西チワン自治区・ユーリン


ユーリン祭の前日である今日、2台の犬掲載トラックを停止させた。ユーリン当局と警察からの圧力により、我々は犬が皆安全だと確信するまでは、この情報はインターネットでの公表を控える必要があった。


最初のトラックには犬が400頭ほど掲載されていた。もう1つのトラックには約100頭だ。犬たちに自由を与えるため、我々は犬を放つよう運転手にお金を渡した。


後程、犬が我々のシェルターに運ばれて来て、檻から解放されたら、 AnimalHopeandWellnessのページでライブ動画を投稿する。


何千頭もの犬が残虐に殺されている中、犬たちを救ったのはじつに、中国地元の動物保護活動家である。彼らこそ、ヒーローだ! 中国では今、次世代を担う若者が新たな動きを創り出し、活発化させている。



(マークチンさんのライブ動画)https://www.facebook.com/hiroko.okamura.142/posts/319594208476682?pnref=story


(記事:マークチンさんより)


犬が入っていた檻の内、半分が開けられた。その多くはもう既に死んでいた。
中国に在る我々のシェルターにはもう犬が800頭以上いる。中国地元の動物病院は、病気や死にかけている子たちに点滴やワクチン、抗生剤などの治療を施してくれている。



~転載以上~



※マークさんは、犬を放つように運転手にお金を渡したとのことで、犬を買い取ったわけではないと説明しています。昨日お伝えした1000頭レスキューでも、活動家たちは同様の対応をしたとのことです。


また、マークさんの団体の現地スタッフのスキ・スーさんは、業者や警察との大変なやり取り、殺されていく犬猫たち、助けを求める犬猫たちを目の当たりにするとても過酷な活動の中、国際的な保護団体が動かないこと、犬肉の販売禁止という不確かな情報が流れたこと(結果、今年は例年のような抗議がなく、また現地入りする活動家も少なかったようです)、などに不満を持っており、「犬猫の命を救いに来るべき」、「事実を伝えてほしい」と訴えています。そして、「今言えることは、今年は去年よりずっと状況が悪い。屠殺業者は去年よりもっと悪どく、警察は去年よりもっと繊細になっている」ということで、今年も開催され、多くの犬猫が殺されている現実を嘆かれています。


販売禁止のうわさも「犬肉祭」今年も開催 中国

AFPBB Newsからです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000042-jij_afp-int


販売禁止のうわさも「犬肉祭」今年も開催 中国

6/21(水) 19:32配信


【AFP=時事】中国南部・広西チワン族自治区(Guangxi Zhuang Autonomous Region)の玉林(Yulin)で21日、夏至の日に犬の肉を食べる「犬肉祭」が開幕した。当局によって祭りでの犬肉の販売が禁止されるかもしれないとのうわさがあったが、店などでは例年通り犬肉が切り刻まれ、調理される様子が見られた。

【関連写真】店頭に並べられた犬肉

 当初、当局はこの催しでの犬肉の販売、提供を禁止するとの情報があったが、動物愛護団体によると、犬肉販売業者と当局は、店頭に並べる犬の数を1店舗につき2匹までに制限する妥協案で合意したという。それにもかかわらず主要市場の一部の露店には多数の犬が並べられていた。

 動物愛護団体「アニマルズ・アジア(Animals Asia)」のアイリーン・フェン(Irene Feng)さんはAFPに対し「犬肉を全面的に禁止できたわけではないが、今年の犬肉祭は例年より小規模見える。この残虐な産業のために殺される犬の数は減っているようだ」と語った。

「犬肉祭」の期間中にはこれまで数千頭の犬が、愛護団体らが残虐と評する状況下で殺されている。地元では、犬はおびえればおびえるほど肉の味が良くなると信じられており、犬たちは殴打されたり生きたまま煮られたりするという。

 国際人道協会(HSI)によると、中国では毎年、1000万~2000万匹の犬が食用として殺されている。中国では犬肉の消費は違法ではないが、動物愛護団体は毎年行われるこの犬肉祭での犬肉販売の阻止を目指している。【翻訳編集】 AFPBB News

”《《祈り》》”

楊シェルター犬猫支援会さんより。

《《祈り》》
http://ameblo.jp/yangshelter-inunekoshien/entry-12285664960.html





プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR