確信的な犯行か?「もう飼えない」という理由で愛犬をヤフオクに出品した飼い主

ツナヨシからです。

http://tsunayoshi.tokyo/c/0fe5a7831d34f0ac955455ed0dd46242bbcd88eb


確信的な犯行か?「もう飼えない」という理由で愛犬をヤフオクに出品した飼い主

2017年5月4日 更新


みなさんご存知の「ヤフオク」で、驚くことに「犬」がオークション商品として出品されていました。それに気が付いた心ある男性が落札したあとに出品者に連絡を入れたところ、「飼えなくなったから」という理由で出品したことが判りました。その後、彼がFacebookにアップしたところ、多くの反響が寄せられました。まだ最終的な結果を見るまでに至っていませんが、身近なヤフオクで起きた非常識と心ある人々の行動をご紹介します。



ヤフオクで犬を出品するのは違反

引用の出典元:pixabay.com


「ヤフオク」と呼ばれるYahoo! JAPAN運営のオークションサイト。実際にヤフオクを利用してはいなくても、みなさんご存知かと思います。

ヤフオクでは、ファッションやアクセサリー、食料品、花、自動車、ペット用品など、様々なカテゴリの品物が出品され、入札・落札されています。

ある意味、私たちが必要とするものはすべてある!と言えるほどです。しかし、出品が禁止されている商品もあります。

ヤフオク!ガイドライン細則から、今回生じた「犬の出品」に関係する文言の一部を抜粋します。



B.出品禁止物
8. 動物の生体のうち、以下に該当するもの
(1) ほにゅう類
(2) 鳥類
(3) はちゅう類

出典:ヤフオク!ガイドライン細則e


つまり、犬や猫、鳥、トカゲなどは出品禁止物として、しっかりと細則に定められているのです。

一般的な常識から考えれば、「犬猫などを出品する人などいるだろうか?」となりますが、今回のように犬を出品する輩も現実にいるわけです。



ヤフオクに出品された犬をリスク覚悟で落札




そんな決まり事があることを知ってか知らずか、「犬」が中古としてヤフオクに出品されてしまいました。発見したのは「Tetsuya Yamaguchi」さん。

なんでも、出品ページには以下のような内容が書かれてあったそうです。

コーギとチワワのMix犬
性別 ♂
生後10か月(生年月日28年8月1日)
体重5~6キロ
性格 やんちゃで結構吠える
交渉受け付けます
四国限定でカンガルー便発送

違反行為に驚いたTetsuya Yamaguchiさんは、リスクを覚悟ですぐさま行動に移し、中古の犬を落札することにしました。

そして、落札したあとに出品者に電話して事情を聞いたところ、継続してこの犬を飼えなくなりオークションに出したことが判明したのです。

出品者は動物福祉などについて特に知識を持たない若い人だったとのこと。

その理由を訊いたTetsuya Yamaguchiさんは、まずは犬を出品するのは禁止されていることを伝えます。さらに、頑張って自力で里親を見つけるようアドバイスを入れました。

頑張った結果どうしても里親が見つからなかったら自分が引き取る、と出品者と約束を交わしました。

出品者の事情を直接訊いたとき、「管理センターに持ち込まなかっただけでもましなのかな」と感じたそうです。

たとえこうした違反行為を目撃したとしても、行動に移す人はどれだけいるでしょうか?リスクが大きい行動とは言え、彼の勇気ある行動は称賛に値します。


情報の拡散によって守られる命がある


Tetsuya Yamaguchiは、一連の出来事を自身のFacebookにアップしました。すると、150人を超す人々がシェアして、なんとか犬に里親ができるよう協力し始めたのです。

さらに、この投稿は『みんなで“いのち”について考えようプロジェクト』さんの目にも留まり拡散していきます。

『みんなで“いのち”について考えようプロジェクト』さんは、香川県の保護動物の情報のシェアを中心に、動物たちと人との幸せな共生をテーマにFacebookを運営しています。

こうして数百人のシェアがなされ、筆者の耳にもFacebook友達から情報が届けられることになりました。

1つの命を守りたいという思いをみなそれぞれコメントに載せてシェアしていますので、ほんの一部をご紹介します。

・次は常識ある里親様に繋がれ!!!

・最後まで、里親として責任持てる方のみ!飼い主の最悪な行為で売り物にされてしまったワンコ。どうか助けてあげてください。

・いつも何も罪もない動物たちにしわ寄せが行きます…。

・こんな悲しい顔してる。怯えてるし。小さな命、助けたいね。


小さな発言や行動で少しずつ世界は変えられる


『みんなで“いのち”について考えようプロジェクト』さんの元に、「一般人になりすました業者による出品かもしれない」という、信じられない情報が届けられました。

まさか!とは感じましたが、巷では生体のオークション出品はしばしば見られるそうです。もしそれが事実だとすれば大変な問題です。

もちろん出品者の詳細情報までは私たちは介入できないので、万が一、犬猫などの出品を目にしたら私たちもYahooに違反申告をしましょう。
(現在は、犬出品のページは削除されており、この件の違反報告はできません)

Yahooとて、こうした問題はメディアに大々的に取り上げられたくはないでしょうから、こうした違反には真摯に取り組んでいるはずです。それでも防ぎきれないこともよく分かっています。

しかし、私たちが常に声を上げ行動し続けることで、動物たちを取り巻く環境や人々の意識の変革に繋がることは間違いありません。

世界は心ある人間の行動によって必ず変えることができます!

Tetsuya Yamaguchiさんの投げた1つの石は、SNSを通して大きな大きな波紋を起こすことができました。おそらく出品者だけにまかせていても、里親が見つかる確率は低いでしょう。

新しい里親が見つからなければTetsuya Yamaguchiさんが責任を持って引取り育てることは決まっています。しかし、彼だけに重責を負わせることはできません。

シェアできる方は情報の拡散をお願いいたします。幸せに生きる道が用意されることを祈るばかりです。



~転載以上~



この件に続いて、このようなニュースも。。


NNNニュースより。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170503-00000064-nnn-soci


メルカリに“剥製”続々…違法の可能性も


フリーマーケットアプリ「メルカリ」で、取引をすると、違法になる可能性がある「動物の剥製」が出品されていることがわかった。種類によっては、取引が規制の対象となるが、メルカリ側の対応も追いついていない現状がある。

■現金や“妊娠菌”をうたったコメや植物、高校の卒業アルバムなどが出品され、問題となったフリマアプリ「メルカリ」。

■そんな中、法律に違反する可能性のある「動物の剥製」が出品されている事が新たにわかった。

■現在は削除されているが、ライオンの剥製は約33万円で出品されていた。さらにシロクマの剥製として出品されたものは、980万円の価格になっていた。

■私たちは、“シロクマの剥製”を出品した人物を取材して、実物を見せてもらうことができた。

■縦横2メートル以上あり、鋭い爪や牙も迫力のある商品。45年前に亡くなった祖父の遺品だという。

■実はこうした出品がいま、条約に違反しているのでは、という指摘が出ている。

■ワシントン条約では野生の動植物の保護を目的に、絶滅のおそれのある種を3つのランクに分類し、国際取引を規制している。剥製や加工品も対象になっている。

■日本でも国内・国外の希少野生動物を保護するための「種の保存法」があり、国内での取引を規制している。

■ライオンやホッキョクグマは、ワシントン条約の分類2にあたり、国際取引をするには輸出をする国の政府の許可書などが必要になるが、国内の取引については、規制対象外となる。しかし専門家は―

■「国内法上は違法でなくても、違法な形で国内に持ち込まれている可能性も否定できないので、合法性の確認はメルカリとして、しっかりした上で(出品者に)出品してもらう必要がある」(ワシントン条約に詳しい学習院大学・阪口教授)

■一方、ワシントン条約の分類1にあたる野生動物は、繁殖目的などの例外を除き、国際取引、国内取引ともに原則禁止となる。

■しかし、その分類1にあたる可能性があるゾウガメの剥製と書かれた商品が出品されていた(現在は削除)。

■商品情報には、ゾウガメの種類までは書いておらず、これを確認しないまま取引すると違法になる可能性がある。

■そもそもメルカリでは法令に違反する商品の出品は禁止し、見つけ次第、削除しているということだが、追いついていないのが現状だ。



【動画】





ダルビッシュ 捨て犬引き取る ツイッターの募集見て

毎日新聞からです。

https://mainichi.jp/articles/20170430/k00/00m/050/086000c


ダルビッシュ 捨て犬引き取る ツイッターの募集見て

毎日新聞2017年4月29日 23時27分(最終更新 4月29日 23時28分)


米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手がエンゼルス戦登板を翌日に控えた28日、本拠地アーリントンで報道陣の取材に応じ、捨て犬の飼い主を募集するツイッターを前夜閲覧し、この日朝に引き取ったことを明らかにした。

 登板前日なら「寝ているかもしれない」と言う時間帯。本来の中4日なら次回登板は28日だったが、27日に試合がなく中5日となったことで、アクセスしたものだった。


 既に飼っていた犬と合わせると6匹目。「そういう所(収容施設)で死ぬというのが嫌だと思った」と言う一方で「僕が全部引き取ってくれるんじゃないかと思われると困る。責任を持って面倒を見られると思ったら購入してほしい」と訴えた。(共同)



~転載以上~



以下、画像はダルビッシュ投手のツイッターより。

https://twitter.com/faridyu



C-hhHYNVoAAxkor.jpg

 C-iRKPgUIAAL9Dj.jpg


以前から、国内外の動物保護団体への支援を行っているダルビッシュ選手、素敵ですねキラキラ

一人でも多くの人が、新しい家族を待つシェルターの子たちの存在に目を向けてくれますように。。



★関連過去記事


ダルビッシュも参加! レンジャーズ、保護ペット支援プロジェクト実施


ダルビッシュ有投手 犬の里親組織に2万7千ドル寄付


皆さんの力を貸してください! 子供たちと捨て犬がふれあう犬の保護施設を!~ダルビッシュ有選手



世界初!自身のFacebookを保護犬・保護猫に貸し出すキャンペーン開始

時事ドットコムからです。

http://www.jiji.com/jc/article?k=000000002.000022654&g=prt


世界初!自身のFacebookを保護犬・保護猫に貸し出す「Wall for One あなたのウォールを、貸してください。」キャンペーン開始


[メリアル・ジャパン株式会社]

2017年4月28日(金)貸し出し受付スタート!



ノミ・マダニ駆除薬「ネクスガード(R)」シリーズ・「フロントライン(R)」シリーズを製造・販売するメリアル・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:永田正)と、共同販売する日本全薬工業株式会社(本社:福島県郡山市、代表取締役社長:高野恵一)の動物愛護活動“セーブペットプロジェクト”は、新しい家族を探す全国の保護犬・保護猫たちの日常の様子やその愛らしい姿をひとりでも多くの人に知ってもらうため、「Wall for One あなたのウォールを、貸してください。」キャンペーンを実施いたします。個人のFacebookのウォール(投稿欄)を保護犬・保護猫に貸し出す本キャンペーンは世界初の試みになります。2017年4月28日(金)より貸し出し希望者の募集を開始し、7月20日(木)までの約3カ月間実施する予定です。


応募ページのイメージ
近年、SNS利用者が急激に増える中、日本におけるFacebookの2016年12月の月間利用者数は2,700万人に達しました(*1)。一方、動物愛護センターや動物保護団体に収容される犬や猫たちは約13万5千頭(*2)を超え、年間8万頭以上(*2)(約60.6%)が殺処分されており、今この瞬間も保護犬・保護猫たちは、新しい家族が見つかる事を心待ちにしています。

本キャンペーンでは、Facebookアカウントを持てない保護犬・保護猫たちのために、Facebook ユーザー自身のウォールを貸し出してもらいます。その貸し出されたウォールに保護犬・保護猫たちが日常の様子や感じたことを画像と共に1週間、1日約3回の計22回投稿していきます。これにより、ひとりでも多くの人に保護犬・保護猫たちの存在と日々の生活を知ってもらい、新しい家族が見つかるきっかけづくりとなることを目指します。

*1フェイスブック調べ(2017.2.15)
*2環境省 統計資料「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」(2015年度)


「Wall for One あなたのウォールを、貸してください。」 キャンペーン概要

アカウントを貸し出しての投稿イメージ


キャンペーン期間: 2017年4月28日(金)~7月20日(木)の約3カ月間を予定
募集開始日: 2017年4月28日(金)
応募方法: キャンペーン特設サイト(
https://n-d-f.com/spp/fb/)にアクセス

保護犬16頭、保護猫7頭の計23頭の中からお気に入りの1頭を選ぶ
選んだ1頭になりきるためのプロフィールアイコンをダウンロード。Facebookでアイコンに設定すれば変身完了!(任意)
選んだ1頭が自身のウォールに投稿する1週間分の内容を確認しタイマー予約。あとは自動で投稿されます。





※ 保護犬・保護猫への取材は、公益社団法人アニマル・ドネーションの協力のもと、実施しています。
(公益社団法人アニマル・ドネーション:
http://www.animaldonation.org/

Facebookのウォール(投稿欄)貸し出しを待つ保護犬・保護猫一覧(全23頭)
※「セーブペットプロジェクト」について
セーブペットプロジェクトは、2010年5月にメリアル・ジャパン株式会社と日本全薬工業株式会社が共同で開始した動物愛護活動です。動物病院で処方されるフロントライン(R)シリーズやネクスガード(R)シリーズ、ブロードライン(R)、カルドメック(R)、そしてオーラベット(R)の売り上げの一部を、マイクロチップ普及および新しい家族を探す犬や猫のための医療費支援などに役立てています。飼い主様がノミ・マダニ対策、フィラリア症予防、そしてデンタルケアをすることで、自分のペットだけでなく、行き場をなくした犬や猫たちにも愛情を届けることができる取組みです。詳しくは、
https://n-d-f.com/spp/ をご覧ください。
(R)メリアルの登録商標

メリアルについて
メリアルは動物の疾病予防と健康とウェルネス向上のため様々な製品を提供している、 研究・開発主導型の動物用医薬品分野における世界のリーダー企業です。メリアルはペット、畜産動物と公衆衛生の3つのビジネスを展開し、幅広い動物種の200以上の疾病と症状をターゲットにしています。メリアルは、ベーリンガーインゲルハイムグループの一員です。

メリアルのWebサイト :
http://www.merial.com/
メリアル・ジャパンのWebサイト :
http://merial.jp/

ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルスについて
2017年1月1日付でメリアルはベーリンガーインゲルハイムグループの一員となりました。世界第二位の動物用医薬品企業としてベーリンガーインゲルハイムは動物の健康を推進するために努力しています。ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルスには世界中で10,000人以上のスタッフが従事し、その製品は150カ国以上で使用されており、99カ国の拠点からビジネス展開しています。

ベーリンガーインゲルハイムについて
ベーリンガーインゲルハイムは、世界でトップ20の製薬企業の1つです。ドイツのインゲルハイムを本拠とし、世界で約50,000人以上の社員が事業を展開しています。1885年の設立以来、株式公開をしない企業形態の特色を生かしながら、臨床的価値の高いヒト用医薬品および動物薬の研究開発、製造、販売に注力してきました。2015年度は148億ユーロ(約1兆9,873億円)の売上高を達成しました。革新的な医薬品を世に送り出すべく、売上の20.3%相当額を研究開発に投資しました。

日本では、日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社が医療用医薬品ビジネス、ベーリンガーインゲルハイム ベトメディカ ジャパン株式会社とメリアル・ジャパン株式会社が動物用医薬品ビジネス、そしてベーリンガーインゲルハイム製薬株式会社が医療用医薬品製造を担っており、ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社が上記4つの事業会社にサービスを提供しています。

ベーリンガーインゲルハイムのWebサイト :
http://www.boehringer-ingelheim.com/
ベーリンガーインゲルハイム ジャパンのWebサイト :
http://www.boehringer-ingelheim.jp/

日本全薬工業株式会社について
日本全薬工業株式会社(企業ブランド:ゼノアック[ZENOAQ])はメリアルと強固なパートナーシップを結ぶ、日本におけるメリアル製品の販売元です。
ゼノアックは動物用医薬品の開発・製造・輸入・輸出・販売までを一貫して行う日本のリーディング・カンパニーで、業界で唯一の直販体制を全国35拠点に展開しています。
産業動物向けからコンパニオンアニマル向けまで幅広い製品ラインナップを持ち、国内そして世界の優良企業との積極的な業務提携により、優れた製品を日本市場に数多く導入・販売してきた実績を持ちます。
2016年度には「日本経営品質賞」を、動物薬・畜産・ペット業界で初めて受賞しています。
詳しくは 
http://www.zenoaq.jp/ をご覧下さい。

企業プレスリリース詳細へ (2017/04/28-14:06)

【動画】天才!志村どうぶつ園SP 菜々緒の「保護ネコゼロ部」★森泉・ぺこりゅう「捨て犬ゼロ部」

先週末に放送された、天才!志村どうぶつ園新装開店SPの動画です。


おなじみ森泉ちゃん、ぺこりゅうのコーナー「捨て犬ゼロ部」に加えて、菜々緒さんの特別企画「保護ネコゼロ部」も三毛猫



ぺこりゅうが譲渡会に出るためのお手伝いをした保護犬たちに、飼い主さん候補が。


泉ちゃんがドッグランやドッグカートを作ったKDPさんの譲渡会には、大勢のお客さんが。

そして、感情をあまり出さない盲目の老犬ムックは、7ヶ月ぶりに飼い主さんとの再会を果たします。


以前、「譲渡会のことをもっと知ってほしい」とのツイートをした、女優・菜々緒さんの特別企画、「保護ネコゼロ部」では、保護猫たちの魅力を伝えるため、保護猫カフェ「ネコリパブリック」を訪れます。


★過去記事参照


菜々緒さん 「譲渡会の事もっと知ってほしい。殺処分を減らしたい」



元捨て犬だった園長の相棒、ちびちゃんは新しい飼い主さん、元関脇琴錦、朝日山親方の元へ。そして新しい相棒は、殺処分寸前のところを保護された元野犬で、「ぽち」と名付けられました。


影響力のある有名人の方々が出演して、人気番組で保護犬猫たちにスポットを当ててくれるのは良いことですね。ひとつでも多くの命が救われることにつながればと思います。



動画が消えてしまうことがありますので、お早目の試聴をお勧めいたします。


(番組前半には注目のコーナーがないので省かせていただきました)



こちらが中盤です。23:37ごろから「捨て犬ゼロ部」、49:32ごろから「保護ネコゼロ部」です。



天才!志村どうぶつ園【新装開店マツコもピコ太郎も菜々緒も!ちび卒業3時間SP】 #2... 投稿者 akad2017



こちらが後半で、「保護ネコゼロ部」の続きです。



天才!志村どうぶつ園【新装開店マツコもピコ太郎も菜々緒も!ちび卒業3時間SP】 #3... 投稿者 akad2017





番組インスタグラムで、菜々緒さんの撮影したネコちゃんたちの素敵な写真が見られます。

https://www.instagram.com/shimura_zoo_ntv/



以下は、菜々緒さんのツイッターより。

https://twitter.com/NANAO1028








世界初 全ての犬猫の不妊去勢手術

newStoryからです。

https://newstory.jp/posts/5378


世界初 全ての犬猫の不妊去勢手術"無料"病院が開設

2017.04.13




平成27年度の犬猫の殺処分数
犬:15,811
猫:67,091


「保護猫カフェ」や「譲渡会」など、動物たちの命を救うための活動は広く世間に知られつつあるが、依然として人間の都合で殺されていった命が存在する。


NPO法人ねこけん様


こうした現状に、「このままでいいのか?」と立ち上がった人々がいる。


練馬区を拠点に猫の保護活動を行っているNPO法人ねこけんは、飼い猫も野良猫も、飼い犬も野良犬も、全ての犬猫が”無料”で不妊去勢手術を受けれる病院を開設した。全ての犬猫が”無料”で手術を受けれる病院は、世界初である。


現在、猫ブームの裏側で大きく問題となっているのが、「多頭飼育崩壊」だ。


癒されるから、保護するつもりで野良猫を拾ったりなど、安易に猫を飼い始める人々が不妊去勢手術を怠たり、どんどん猫を繁殖させてしまうことで起こる。猫30匹で1ヶ月に食べる餌の量は、60kg。餌代だけで家計は火の車になる。掃除も行き届かなくなるため悪臭を放ち、「ゴミ屋敷」のように家が壊れてしまう。そして、劣悪環境で病気になったり、近親交配のために障害を持って生まれてくる猫が悲鳴を上げる。


オス10,000〜20,000円、メス25,000〜35,000円。最初の手術代が出せないために起こってしまう「多頭飼育崩壊」。


野良猫たちも、交通事故の危険性や、大量に繁殖することで糞尿被害で住民から虐げられ、虐待を受けたりなど不幸な結末が待ち受けている。


これ以上、不幸な命を増やしてはいけない。そのためには、無料で不妊去勢手術を受けれる病院を作るしかない。そう考え、「ねこけん」は実行した。


NPO法人ねこけん様


病院経営のランニングコストは、「ねこけん」の理事長である溝上奈緒子さんが経営する会員制のペット用品ショッピングサイトで補填し、病院開設に必要な医療機器や内装工事は、クラウドファンディングで募ったところ560名もの方から目標金額以上の支援が集まった。支援してくださった方々の想いに絶対に応えると溝上さんは誓う。


NPO法人ねこけん様


溝上さんが愛護活動に携わろうと思ったきっかけは、大学生の時だった。留学先の中国蘇州で、ペットショップへ卸す市場へ出向いた。そこでの動物の扱いの悲惨さを目の当たりにし涙を流した。今後絶対に動物愛護の活動に関わろうと決心したと言う。


愛護活動は辛いの一言で済まされないほどの、悲惨な現場が多い。涙を流しながら、猫を保護したこともあるという。それでも活動を続けられる原動力はその時の決意だそうだ。


NPO法人ねこけん様


命、ということにこだわってほしい


安易に飼ってしまう、安易に手放してしまう。口がきけない弱い生き物だからこそ、もっと犬や猫のことを考えてほしい。溝上さんは繰り返す。


この病院を皮切りに、こうした病院が増え、殺処分という言葉そのものがなくなってほしい。ねこけんの新しい取り組みに注目が集まる。


NPO法人ねこけん

http://nekoken.jp/



犬や猫のペットフード・療法食を通販でお求めなら | 560SHOPPING | 560ショッピング

http://560shopping.com/




プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR