『ザ・ノンフィクション』“多頭飼育崩壊”密着で今年最高視聴率 石田ゆり子「ぜひ全国放送を」

マイナビニュースからです。

https://news.mynavi.jp/article/20180611-644668/

 

『ザ・ノンフィクション』“多頭飼育崩壊”密着で今年最高視聴率

2018/06/11

 

フジテレビのドキュメンタリー番組枠『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)で10日に放送された『犬と猫の向こう側 後編』が、今年の同枠最高視聴率6.9%を獲得した(ビデオリサーチ調べ・関東地区、以下同)。

 

今回は、3日と10日の2週にわたって、動物保護団体「犬猫みなしご救援隊」の代表・中谷百里さんに密着した模様を放送。広島市郊外の本部に、犬140匹、猫1000匹、さらに栃木県にも犬90匹、猫300匹を収容するシェルターを持ち、各地で起こっている「多頭飼育崩壊」(不妊去勢手術をしなかったために、世話ができないほど増やしてしまう問題)に取り組んでいる姿が映し出された。


ペット社会の裏に存在する悲惨な現実も放映され、放送中のSNSでは「ザ・ノンフィクションでべえべえに泣いてる」「泣け過ぎる」といった声が次々にツイート。10日の後編の番組平均視聴率は今年の同枠最高となる6.9%をマークし、瞬間最高は14時20分に8.1%を記録した。

 

ナレーションを担当したのは、自身のInstagramで連日愛猫や愛犬の写真を公開している女優の石田ゆり子。石田は後編放送前、このインスタで「前編の反響はすさまじく、中谷百里さんのパワーと行動力とお人柄に魅了される人が後を絶たず」とコメントしていた。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

以下もマイナビニュースより、後編放送前の8日の記事です。

https://news.mynavi.jp/article/20180608-642613/

 

石田ゆり子「ぜひ全国放送を」多頭飼育崩壊現場の密着、後編10日

2018/06/08

 

フジテレビのドキュメンタリー枠『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)では、動物保護団体の活動に密着する『犬と猫の向こう側』の後編を、10日に放送する。

 

 

今回の主人公は、「犬猫みなしご救援隊」の代表・中谷百里さん。広島市郊外の本部に、犬140匹、猫1000匹、さらに栃木県にも犬90匹、猫300匹を収容するシェルターを持ち、今は各地で起こっている「多頭飼育崩壊」の問題に取り組んでいる。


「多頭飼育崩壊」とは、犬や猫が好きで飼い始めたものの、不妊去勢手術をしなかったために、世話ができないほど増やしてしまうという問題。後編では、中谷さんが中部地方のとある町に1人で住む男性を訪ねる。

 

実は、この男性、100匹の猫を飼っていたのだが、どうしようもなくなり、中谷さんに助けを求めてきた。中谷さんによると、多頭飼育崩壊を起こすのは、社会から孤立した人たちが多いとのこと。人間関係にゆきづまり、誰にも助けを求められず、犬や猫に癒やしを求めた結果、増やしてしまうそうだ。番組タイトル“犬と猫の向こう側”には、孤立する人間の姿が見えてくる…。

 

ナレーションを担当するのは、前編に引き続き、女優の石田ゆり子。石田は、自身のInstagramで、愛猫の写真とともに「(前編を)たくさんの方が見てくださり、ほんとうにうれしいです。中谷さんの人間力、行動力、優しさ、強さ。動物たちをとりまく環境をみんなで、変えたい。変えなければいけないと思います」と感化されたことをつづり、「この番組はぜひ、全国放送してもらいたいという声がとても多く、私も全く同感です」と願っている。


【動画】ザ・ノンフィクション 犬と猫の向こう側 後編 犬猫みなしご救援隊

10日に放送された、フジテレビ「ザ・ノンフィクション」の動画です。

 

ザ・ノンフィクション 犬と猫の向こう側 後編

https://youtu.be/V4xf8ocDTtM

 

 

 

 

 

 

★前編はこちら

 

【動画】ザ・ノンフィクション 犬と猫の向こう側 前編 犬猫みなしご救援隊

 

ローラ、保護犬猫を支援するインスタ運営を発表 「自分にもっと何ができるかなと」

ダレノガレさんに続き、ローラも!影響力のある著名人の方にどんどん発信、行動していただきたいですね。

 

 

ねとらぼからです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000027-it_nlab-ent

 

ローラ、保護犬猫を支援するインスタ運営を発表 「自分にもっと何ができるかなと」

6/10(日) 14:47配信

 

モデルでタレントのローラさんが6月10日、里親を募集している保護犬、保護猫を支援するInstagramをスタートしたことを発表しました。

【画像】愛猫ウニと遊ぶローラさん

 2017年10月に保護猫のウニを引き取っていたローラさんは、これまでウニ専用として使用していたInstagramを、保護犬、保護猫の情報を掲載するアカウント「UNI project」に変更して運営することを発表。「日本では毎日220匹以上の犬猫が殺処分をされてしまっているの」と厳しい現実を訴え、保健所やアニマルシェルター(保護施設)から犬猫を引き取ることがスタンダードになっているという欧米諸国との意識の違いにも触れつつ、「日本で起こっている現場もみて、自分にもっと何ができるかなと考えました」と支援の動機をつづっています。

 ローラさんはウニの他にも、保護犬、保護猫を引き取った経験があり、5月22日には、東日本大震災の被災犬を保護した滝川クリステルさんが設立した財団が主催する、犬猫の殺処分ゼロを目指すプロジェクトのトークショーにも出演。最近では、タレントのダレノガレ明美さんも保護猫の情報を掲載するInstagramを開設するなど、こうした活動は芸能界でも広がりを見せているようです。

 ファンからは、「ローラちゃん本当にありがとう」「本当に心から素敵なプロジェクトだと思います!」「この現状伝えてくれて嬉しいです!」「ローラさんの行動力で日本が変われるように心から応援しています」「芸能人のかたが呼び掛けてもらえると、たくさんの人に届くので感謝です」など応援メッセージが多数寄せられています。




中川翔子、保護ねこカフェで出会った新しい家族を紹介「次元が違う美少女っぷり」

アメーバニュースからです。

http://news.livedoor.com/article/detail/14839747/

 

中川翔子、保護ねこカフェで出会った新しい家族を紹介「次元が違う美少女っぷり」

2018年6月9日 14時39分

 

タレントの中川翔子が、6月9日に更新したアメブロで新しい家族となる猫の写真を公開している。

中川は猫の顔のアップ写真を掲載し「我が家に新しい家族がやってきました!保護ねこカフェ ミラクルキャットから里親第1号になりました。ふわふわで小顔で鼻が高くてピンク色で目が大きくて超絶美少女!プリンセスな雰囲気ある!なので オモチあらためピンクちゃんになりました!ピンク よろしくね」と紹介。

保護ねこカフェ『ミラクルキャット』とは今年4月30日に、愛知県名古屋市の金山駅前にオープンした、中川の母親がプロデュースする施設の一部。1階が、名古屋市動物愛護センターで保護された猫と触れ合うことができる『ミラクルキャット』とベトナム料理店で、2F~4Fがネットカフェになっている。『ミラクルキャット』は、猫と触れ合うだけでなく、気に入ったら家族として迎え入れることができるという。

中川は、猫との2ショットや猫が部屋の中でくつろぐ様子を公開し「保護ねこにもこんなかわいいねこがいるんだよね幸せになってねピンク!おだやかで人に慣れてるよ。ほんとずっとみて幸せになっちゃうぐらい次元が違う美少女っぷり プリンセスピンク」と幸せそうにつづっている。                            

 

 

~転載以上~

 

 

画像は中川さんのブログより。

https://ameblo.jp/nakagawa-shoko/entry-12382355984.html

 

 

 

 

 

ダレノガレ明美、猫の里親探し支援アカウント開設へ 以前から愛護活動

スポニチからです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000133-spnannex-ent

 

ダレノガレ明美、猫の里親探し支援アカウント開設へ 以前から愛護活動

6/6(水) 19:07配信

 

ダレノガレ明美、猫の里親探し支援アカウント開設へ 以前から愛護活動

ダレノガレ明美

 

 モデルでタレントのダレノガレ明美(27)が6日、自身のツイッターとインスタグラムを更新。8日に猫の里親探し支援をするためのSNSアカウントを開設すると発表した。

 「今施設にいる猫ちゃんを少しずつ載せていき、里親さんをみつける為のアカウントです。たくさんの里親さんを見つけて、1匹でも多くの猫ちゃんが幸せになってもらいたいです!殺処分なんて許せないし、沢山の猫ちゃんを救いたいです!みんなの力を貸してください」と新設するアカウントについて説明。

 続けて「動物を虐待してる人を私は見つけたら、口悪くなりますが…そいつをどっついて縄で手足縛り付けて警察に突き出します。自分より弱く、言い返すことのできない動物をいたずらしたり、殺したりする人間の気持ちがわからないし、一生わかりたくもない!そして、まだ動物虐待が法律でしっかりとした罪になることを願います!動物は物ではありません!」と動物虐待防止を訴えた。

 これまでも愛護活動を続けてきたが「施設の中を綺麗にしたり、猫ちゃんが住みやすい環境に今までしてきましたが、これからは猫ちゃんの里親さんを見つけていくお手伝いもしていこうと思います。1回施設にいき、PRするのでなく、しっかり今まで足を運んできたことを生かしていろんなことができたら良いなっと思います」と誓った。

 

 

~転載以上~



こちらがそのアカウントです猫

https://www.instagram.com/darenogare.cat_official/?hl=ja

 

 

プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

5才児の母。昨年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR