アジアゾウの皮膚から作られる製品、中国での需要増で専門家が警鐘を鳴らす

SWITCHからです。 ※動画はサイトでご覧ください。

https://switch-news.com/whole/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%BE%E3%82%A6%E3%81%AE%E7%9A%AE%E8%86%9A%E3%81%8B%E3%82%89%E4%BD%9C%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%80%81%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%A7%E3%81%AE%E9%9C%80/

 

アジアゾウの皮膚から作られる製品、中国での需要増で専門家が警鐘を鳴らす

 

 

 

欧米の自然保護団体が、ある製品によりアジアゾウが絶滅の危機に瀕する可能性があるとして警鐘を鳴らしている。

 

中国での需要増で密猟が増加する懸念

 

その団体とはイギリスに拠点を置く「Elephant Family」。

 

彼らによれば、中国ではゾウの皮膚から作られる製品の需要が高まっているため、今後密猟が加速する可能性があるという。

 

しかもこの事態は象牙ビジネスよりも影響が大きく、アジアゾウの群れにとってより大きな脅威になっているそうだ。

 

現在、最も影響を受けているのはミャンマーに住むゾウたちで、専門家らはこの問題がエスカレートすれば、今生息しているエリアの半分で、ゾウが絶滅する可能性があると警鐘を鳴らしている。

 

皮膚を粉に挽いて胃薬として販売

 

「Elephant Family」の調査報告によれば、ゾウの皮膚はパウダー状に挽かれ、慢性的な胃の病気を治す薬として中国で販売されており、同様に皮下組織を乾燥させビーズを作り、ネックレスやブレスレッド、ペンダントに利用されているという。

 

しかもそれらの製品は実際の市場で販売され、インターネット上でも取引されており、業者が製品の品質を保証するため、ミャンマーやラオスの工場でゾウの死体を加工するビデオも投稿しているそうだ。

 

実際、中国では50人のトレーダーがソーシャルメディアを通じて販売しており、製品のラベルも中国語でプリントされ、価格も中国の通貨で表示されているとか。

 

さらに中国はすでに国内での象牙製品の取引を全面的に禁止したと発表しているが、国の森林局はゾウの皮膚から作られる製品に対し明らかに許可を与えており、それが合法的な新しい需要を生み出しているという。

 

「どのゾウも安全ではない」

 

「Elephant Family」は、現在ミャンマーに生息しているゾウを2000頭と見ており、ミャンマーの森林局の数字を引用しながら、ここ数年野生のゾウの死が急激に増えていると報告。

 

実際、ミャンマーで死んだゾウの数は2013年に26頭だったのが、2016年には少なくとも61頭にまで及んでおり、ほとんどが密猟によるものだと考えられている。

 

「Elephant Family」のBelinda Stewart-Cox氏は、この問題に対処するため、中国関係者と接触を図り、ミャンマー当局とも密接に連携して活動を行っているそうだ。その上でStewart-Cox氏は次のように語っている。

 

「私たちはこの問題に対処するため協力して取り組むべきです。もはや時間はありません。ミャンマーでは多くのゾウが、あまりにも早く失われているのです」

 

「アジアゾウはアフリカゾウほど、象牙ビジネスによる脅威にさらされていません。アジアゾウの場合、(大きな)牙を持っているのはオスだけで、それ以外は持っておらず、あるいは(メスは)牙が小さいからです。しかしこれ(皮膚の取引)はオスもメスも子供もターゲットにしており、見境がありません。つまりこのことは、もはやどのゾウも安全ではないことを表しているのです」(了)

 

※下の動画には皮をはがれたゾウのショッキングな映像があるため、閲覧にはご注意いただきたい。



出典元:ABC News:Asian elephants said at risk from Chinese demand for skin(4/24)

出典元:The New York Times:Asian Elephants Said at Risk From Chinese Demand for Skin

 

 

悲しみのアライグマ

もーす (太田康介)さんからです。

http://uchino-toramaru.blog.jp/archives/23589505.html



罪なアニメがあった
                                              
                                              
                                               
でももっと罪なのは

それで一儲けしようと輸入を始めた業者

それに踊らされ購入した人たち


そして


一番罪なのは飼いきれず捨てた人間



一匹くらい捨てたってどうということはない

そう思ったことだろう

しかし その結果が







l7808873769416


これだ



l03659
餌場に猫のために仕掛けた捕獲器

入っていたのはアライグマだった

彼はまったく暴れることなく

悟ったように大人しかった








l03670


私が近づきそしてカメラを近づけても

怯えることもないし

牙をむき出だして怒ることもない






l03688


ただ自分の運命を静かに受け入れている

そんなふうに見えた







先日 夕方のニュースでやっていた

アライグマ特集

年に一度のお産とはいえ

一度に約5~6頭を産むという

アライグマの繁殖力は凄まじい






lara05


原産の北米にはまだ天敵がいた

ピューマをはじめとする大型猫科動物や狼

しかしここは日本

自然界には天敵がいないアライグマ

彼らを減らすことが出来るのは人間だけだ







lara01


こちらは以前から紹介している餌場

帰還困難区域内にある

例によってアライグマはここでも頻繁に出没






lara02


入口が狭く中に入れないアライグマは

器用な手を突っ込み必死に伸ばして

フードが入っている容器を手繰り寄せようとしている






lara03


レスキュー隊さながらのアクロバチックな動き

「えさ台」をどれだけ高い場所に設置しても

アライグマには効果がないのだ







l03743


ここでも一頭のアライグマが捕獲された






l03748


こちらのアライグマは中で暴れまわり

捕獲器内の踏み板やワイヤーを捻じ曲げて破壊

恐怖のあまりに脱糞






l03759


そして私を威嚇していた







l03784


今までは不憫だと山まで持って行き

リリースしていた赤間さん

大学の研究用にと依頼され提供するようになった



どう考えても外来生物アライグマを

守ることなどはできない

殺さずゆっくりと減らすにはTNRのみ

しかしそれも途方もない作業だ







lara04


限られた予算内で捕獲しても

頭数コントロールはできない

残念ながら解決策は今のところないのだろう

これからも中途半端な捕獲殺処分をしながらも

アライグマは勢力を伸ばし続ける

そして日本固有の動物たちを圧迫していくのだろう





私たちにできることは

アライグマ限ったことだけでなく

すべての愛玩動物に通じるのだが

安易に飼わない

飼うなら最期まで責任をもって飼う

当たり前のことだが

これに尽きるのではないだろうか

イギリスと台湾が象牙取引禁止を決定

WWFから一部転載です。

https://www.wwf.or.jp/activities/2018/04/1415419.html


イギリスと台湾が象牙取引禁止を決定

2018年4月3日、イギリスと台湾が自国内・域内の象牙取引について禁止に向けた政策を進めることを発表しました。象牙は「ワシントン条約」で国際取引が禁止されていますが、国や地域によっては今も国内取引が認められています。しかし、こうした各国の国内市場に、違法に取引された象牙が海外から持ち込まれ、その消費地となっている例が多発しています。国際的にも各国での取引規制が進む中、今回、イギリス政府は国内取引禁止の具体的内容を定め、実行に移す決意を表明。台湾政府も2020年までに国内取引を停止させるために法改正をすることを打ち出しました。象牙の在庫を多く抱えた国内市場を有する日本の政策も、世界から注目されています。




続きはサイトでどうぞ。

https://www.wwf.or.jp/activities/2018/04/1415419.html


命を無駄にしない、やたらな猟師を増やさない、里に下りてくる動物を減らしたい〜里山の現実と向き合う

深く考えさせられる記事です。

一人でも多くの方に読んでいただき、人と動物との関わり方について考えていただけたらと思います。


東京犬猫日和より。リンクからどうぞ。


【命を無駄にしない、やたらな猟師を増やさない、里に下りてくる動物たちを減らしたい〜里山の現実と向き合う〜】

http://tokyoinuneko.com/category/detail.html?no=1750&c=INTERVIEW



お山は神聖なところ。そこに棲む獣は尊いものお山を再生して、獣たちをお山に還してあげたい」


「いつか、僕は山を昔のように生き還らせて、ゆくゆくは彼らを山に還してあげたいと思っているんです。時代の移り変わりとともに、僕の時代が来たら僕は猟銃を置いてこの地で動物との共存共栄を守っていきたいです。命を無駄にしたくない、やたらな猟師を増やしたくない、山を良い状態に戻し、自然な形での動物との境界線を作ることで里に下りてくる動物たちを減らしたい。何年か、かかるかもや知れないけど、今こそ本当の意味での共存共栄を考えていかなければと思います。」


環境省によるシカ毒殺のための法改正について 審査基準を設置◆パブコメの結果

こちらでもパブコメをご紹介させていただいた、環境省によるシカ毒殺の件について…


※1月9日まで 環境省がシカを毒殺する為の法改正への意見を国民から大募集!



環境省報道発表資料より。

http://www.env.go.jp/press/105318.html


平成30年3月27日

鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律第37条の審査基準を設けることについて

鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律第37条の審査基準を設けましたので、お知らせします。


あわせて、平成29年12月11日(月)から平成30年1月9日(火)の間に実施したパブリックコメントについて、その結果をとりまとめましたので、お知らせします。

1.概要

 硝酸塩はシカ等の反芻動物にのみ影響を与える物質として注目されていましたが、これを使用した鳥獣の捕獲行為については、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号。以下「法」という。)第18条に基づく放置の禁止に抵触するおそれがあるほか、条件によっては人畜にも影響を及ぼすおそれがあると指摘されています。現在、硝酸塩によるシカ等の捕獲について研究が進められており、従来から慎重に取り扱われてきたところですが、硝酸塩による鳥獣の捕獲は法第36条の危険猟法に該当すると解されるところ、今般、野外において実証事業を行う段階になったことから、硝酸塩を用いた鳥獣の捕獲に係る法第37条に基づく「環境大臣の許可」の基準を明確化するため、新たに審査基準を定めました。

 なお、審査基準案の考え方については、下記のとおりです。


・硝酸塩を用いたシカ等の捕獲の行為において、人畜や他の生物へ悪影響を及ぼす可能性もある。したがって、硝酸塩を用いた鳥獣の捕獲に当たっては、当面は学術研究を目的とするものであって、柵で囲まれ管理された環境下又は硝酸塩を摂取した個体を把握し死亡した個体を回収できる環境下において、硝酸塩による致死量が判明した鳥獣(※現時点ではニホンジカのみ)を対象に行うもので、法第37条第3項の許可基準を満たしたものに限り、法第37条に基づき許可することとする。

・上記環境下以外においては、将来的に各種課題への対応についての安全性等に対する科学的根拠を示すことができた場合に、許可をする対象となり得ることとする。


※参考:硝酸塩を用いた鳥獣の捕獲方法について

 シカ等の反芻動物が硝酸イオンを摂取すると、第1胃で微生物が亜硝酸イオンに還元。血中のヘモグロビンがこの亜硝酸イオンから酸化されると、酸素を運ばなくなる。

 このメカニズムを利用し、シカ等に硝酸塩入り餌を食べさせることで酸素欠乏症にさせ(硝酸塩中毒)、致死させる方法。


(1)命令等の題名

 鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律における硝酸塩を用いた捕獲手法の扱いについて

(2)命令等の内容

 添付資料1のとおり。

2.パブリックコメントの実施結果

(1)意見提出期間

平成29年12月11日(月)から平成30年1月9日(火)

(2)意見募集結果(詳細は添付資料2参照)

意見提出者数:208

意見数:210


添付資料

プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

5才児の母。昨年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR