【動画】天才!志村どうぶつ園 絶滅寸前!野生キリンを救え!

土曜日に放送された、天才!志村どうぶつ園の動画です。


20分ぐらいからです。







関連記事です。


ザ・テレビジョンより。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180217-00137705-the_tv-ent


「志村どうぶつ園」絶滅ゼロ部第2弾がスタート、ケニアから“ロスチャイルドキリン”保護の現状伝える

2/17(土) 8:30配信


2月17日(土)放送の「天才!志村どうぶつ園」(毎週土曜夜7:00-7:56、日本テレビ系)で、「絶滅ゼロ部」第2弾となるケニア編がスタートする。

【写真を見る】スタジオゲストの二階堂ふみはキュートな“イチゴ柄”ワンピースで登場!

第1弾では、絶滅危機にあるルワンダのマウンテンゴリラの保護活動に密着し、日本のテレビ初となる映像をお届けした「絶滅ゼロ部」。第2弾はケニアのロスチャイルドキリンの保護活動を取り上げる。

■ 「絶滅ゼロ部」の目的をおさらい!

「絶滅ゼロ部」は、今、およそ25000種いると言われる絶滅の危機にさらされている動物たちを救い、絶滅を止めようと日々活動する世界中の人たちの活動を少しでも手伝いたいと発足した企画。

絶滅の危機に瀕した動物たちを守るためのミッションに参加し、動物たちの生態や危機の現状を伝える。部員第1号は、21歳の日本人女性・加藤ゆうみ。

加藤は、14歳の時に親元を離れ、マレーシアの小さい島で1人で生活し、自給自足の生活をしていた、たくましい経歴を持つ。

2017年10~11月の放送では、ルワンダで行われているマウンテンゴリラの保護活動に密着。加藤の精神力、行動力、動物愛でマウンテンゴリラの直面する危機を臨場感たっぷりに伝え、大きな反響を呼んだ。

■ 第2弾はアフリカ・ケニアでキリンの保護をお手伝い!

今回、加藤はアフリカ・ケニアを訪問。絶滅が危惧されているキリン「ロスチャイルドキリン」の保護活動に密着することに。

キリンは動物園でよく見る動物だが、実はここ30年で4割も頭数が減少。そのキリンの中でも、特に数の少ないロスチャイルドキリンは現在全世界で2000頭あまりしか生息していない。

■ ロスチャイルドキリンの貴重映像を公開!つらい現実も…

加藤は現地でロスチャイルドキリンを守るレンジャーに参加。密猟者がいないかパトロールをし、被害にあったキリンがいないか1頭ずつ確認。

また、何週間も姿を確認できていない“アモス”という名前の片目の見えないキリンを探す。

同時に、サバンナでのキリンの生活や、生まれたてのキリンの赤ちゃんなど、普段見ることのできないキリンの生態を紹介していく。

さらに、密猟者の罠にかかってしまったシマウマたちの悲惨な状況もリポートする。

■ スタジオゲストは二階堂ふみ!

ほか、スタジオではゲストに、二階堂ふみを迎え、「速報!どうぶつニュース!」のコーナーを送る。

大寒波で凍ってしまったワニや、穴から顔を出すとってもかわいいイヌの姿を山瀬まみ、相葉雅紀がニュース形式で伝える。(ザテレビジョン)




【番組情報】本日「天才!志村どうぶつ園」 『絶滅ゼロ部』 絶滅寸前の野生キリンとマウンテンゴリラ

本日2月17日、夜7時放送です。


日本テレビ「天才!志村どうぶつ園」 


今夜7時の志村どうぶつ園は…大型企画『絶滅ゼロ部』第二弾!絶滅寸前の野生キリンを救うためケニアのサバンナへ!密猟者による大量のワナや野生のライオンがキリンの命を脅かす。▽最新動物ニュース!半年前に母を事故でなくし保護されたニホンザルの赤ちゃんは今…? その前に…『絶滅ゼロ部~ゴリラ編~』最終回!絶滅寸前のマウンテンゴリラを救うためジャングルの奥地へ!密猟者が仕掛けたワナの撤去作業に密着!



番組サイト

http://www.ntv.co.jp/zoo/



香港、象牙取引を2021年までに全面禁止 議会で可決

AFPBBニュースからです。

http://www.afpbb.com/articles/-/3160739


香港、象牙取引を2021年までに全面禁止 議会で可決

2018年2月1日 11:12 発信地:香港/中国



【2月1日 AFP】香港の立法会(議会)は1月31日、域内での象牙取引を2021年までに段階的に廃止する案を圧倒的多数の賛成で可決した。香港は象牙取引の一大中心地。アフリカでの密猟などによりゾウの生息数が減少するなか、動物保護団体は「ゾウの将来にとって素晴らしい日」になったと歓迎した。


 中国本土でも昨年末、象牙取引を完全に撤廃する法律が施行されており、香港での議決それに続く画期的な動きとなった。


 地球規模で活動する市民団体「アバーズ(Avaaz)」のバート・ワンダー(Bert Wander)氏は声明で「巨大な象牙取引市場の閉鎖はゾウの命を助けるものになる」と高く評価した。


 動物保護団体「ワイルドエイド(WildAid)」香港支部のアレックス・ホフォード(Alex Hofford)氏も「香港では象牙取引が国際的に禁止された1989年時点で象牙が670トンもあり、ずっと象牙取引の『闇の奥』となってきた」と指摘。「ゾウの将来にとって素晴らしい日になった」と喜んだ。

 違法行為に対する罰則も最高1000万香港ドル(約1億4000万円)の罰金、10年の禁錮刑に強化される。


 中国では象牙が社会的地位の高さの象徴と考えられており、とくにアフリカゾウのものが人気が高い。国際自然保護連合(IUCN)によると、アフリカでは過去10年で密猟によりゾウの生息数が11万頭減り、41万5000頭となっている。(c)AFP



~転載以上~



中国、そして香港と巨大な市場が次々と閉鎖されています。

日本は…「Gメン」配置にとどまるのでしょうか。。

<環境省>「象牙Gメン」配置へ 密輸など監視を強化

毎日新聞からです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000066-mai-env


<環境省>「象牙Gメン」配置へ 密輸など監視を強化

2/2(金) 18:13配信


中川雅治環境相は2日の閣議後記者会見で、地方環境事務所4カ所に4月、「象牙取り締まりGメン」を1人ずつ配置することを明らかにした。密輸など違法行為に対する監視を強化する。

 規制や罰則の強化を盛り込んだ昨年の種の保存法改正に伴う取り組み。Gメンは新たな専門職員「取引監視係長」で、関東、中部、近畿、九州の各地方環境事務所に置き、業者への立ち入り検査などの権限をもつ。希少動物の違法取引も扱う。

 象牙はワシントン条約で1989年に国際取引が禁じられた。各国が国内市場も閉鎖する中、日本は国内流通を認めている。これが違法取引の温床になっているとの国際批判があり、今回の措置はこれに応える形だ。

 国際NGO「トラフィック」の調査では、2011~16年に中国当局が少なくとも日本からの密輸象牙2.4トンを押収。警視庁は今年1月、象牙製印材を中国へ密輸しようとしたとして、東京都台東区の象牙販売店取締役(47)を関税法違反容疑で逮捕した。【五十嵐和大】


動物保護団体がクマ違法捕獲の疑いと告発状 「無許可でツキノワグマ捕殺」 無抵抗の親子グマを…

産経ニュースからです。

http://www.sankei.com/affairs/news/180202/afr1802020022-n1.html


動物保護団体がクマ違法捕獲の疑いと告発状 「無許可でツキノワグマ捕殺」

2018.2.2 13:09


東京都青梅市の都猟友会青梅地区の男性会員が、許可された捕獲頭数を超えるツキノワグマを補殺したとして、自然保護団体「日本熊森協会」(兵庫県西宮市)は1日、鳥獣保護法と銃刀法違反にあたるとして、青梅署に告発を申し入れた。


 青梅署は1月31日に同協会から告発状の写しを受け取った。内容を精査し、受理の有無を判断する。


 告発状などによると、平成28年11月10日、青梅市内の山林で男性会員は、都からツキノワグマ1頭の有害捕獲許可しか受けていないにも関わらず、スギの木に登っていた3頭のツキノワグマの親子を射殺した。3頭のうち2頭は、許可も法定除外理由もない捕獲であり、「猟友会会員の行為は違法」としている。


 同年は山林の実りが大凶作であり、クマの目撃情報が相次いでいたことから、猟友会員が駆除隊として出動。当時、現場には猟友会会員9人がいたほか、2人の青梅市職員が同行していたという。


 協会の調査などによると、市職員が「子グマは撃たないように」と念を押したにも関わらず、男性会員が3頭の親子グマを補殺。男性会員は市の聞き取りで「クマが向かってきたから撃った」と証言したが、協会は「実際は山の中で木の上に逃げていた無抵抗の3頭のクマを射殺したのは明らか」としている。


青梅市の担当者は産経新聞の取材に「市に監督責任があるのは承知しており、都からの指示を待って、再発防止策などについて猟友会を指導していきたい」と話している。


 ツキノワグマは都で絶滅危惧種に指定され、補殺禁止措置が取られている。これを受け、協会は1日、保護対策の強化を都側に申し入れた。


プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

5才児の母。昨年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR