ノーキル政策施行から半年 台湾のシェルター内部を取材

アニマルレスキューシステム基金さんが、犬猫の殺処分が廃止された台湾のその後の状況について書かれたチャイナ・ポストの記事を翻訳、掲載されています。リンクよりどうぞ。


ノーキル政策施行から半年 台湾のシェルター内部を取材

http://www.animalrescue-sf.org/o_news170802.html



ノーキル政策により、官営シェルターで健康な動物が安楽死させられることはなくなりましたが、それと同時にシェルターの過密状態や資金不足といった問題が悪化しているそうです。


制度を廃止しても、必要な対策をしっかり取っていかなければ、動物たちはまた苦しむことに…。とても考えさせられる記事です。



★参考過去記事


台湾、犬猫の殺処分廃止 アジアで2番目


犬の安楽死に耐えかねて自殺、動物保護施設管理者が迎えた悲しい結末(台湾)


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR