夏も「猫バンバン」が必要そう よく考えると怖い「子猫たちの“避暑地”になったエンジンルームの写真

ねとらぼからです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00000074-it_nlab-life


夏も「猫バンバン」が必要そう よく考えると怖い「子猫たちの“避暑地”になったエンジンルームの写真」が話題に

8/8(火) 20:16配信


夏も「猫バンバン」が必要そう よく考えると怖い「子猫たちの“避暑地”になったエンジンルームの写真」が話題に

よく自動車を運転する人は、恐ろしい理由がすぐに分かるのでは? (画像提供:ライカさん(@raika_193)



 一見、かわいらしい光景に見えるものの、よく考えるとゾッとする猫の画像が話題になっています。自動車のエンジンルームに、子猫たちが5匹も……!

【猫バンバンのやり方(MKタクシーより)】

 投稿者が、自身の軽自動車に乗ろうとしたところ、ボンネットから鳴き声が。エンジンルームを確認してみると、子猫が何匹も入り込んでいたそうです。これは、投稿者の家に住みついている野良猫の子どもで、車体下部のタイヤ部分から侵入した可能性があるとのこと。

 このように猫がエンジンルームに入った状態で自動車を発進させてしまうと、猫の死亡事故につながりかねません。その対策方法として、乗車前にボンネットをたたく「猫バンバン」が知られていますが、「温かいエンジンルームで猫が暖を取ろうとする冬場にやるべきこと」と認識している人が多いのでは? しかし、夏でも暑さから逃れようとした猫が入り込む場合があるようです。エンジンルームには日光が直射しないため、ちょっとした避暑地として使ってしまうのかもしれません。

 エンジンルームにいる子猫たちを目にした投稿者は「すごい冷や汗をかいた」とのこと。もし、その存在に気付かずにエンジンをかけていたら……という恐怖感が強く、かわいらしさを感じるような心境ではなかったもよう。なお、投稿者はその後、子猫を1匹ずつ車から降ろし、安全な場所に移動してあげたそうです。



~転載以上~



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR