【韓国】「ペット」はダメ?「愛玩」から「伴侶」へ

産経ニュースからです。

http://www.sankei.com/column/news/170729/clm1707290005-n1.html


【ソウルからヨボセヨ】

「ペット」はダメ?「愛玩」から「伴侶」へ

2017.7.29 11:34更新


知り合いのネコ好きの女性から「この夏、日本のアイシマに行ってくる」といわれ、思わず「えっ、どこ?」と聞き返した。聞くと島中にノラネコがいて住民からかわいがられている“ネコの島”で、ネコ好き韓国人の間で有名なんだそうな。調べてみると福岡市に近い新宮町の沖合にある「相島」のことだった。


 年間500万人を超える韓国人の日本旅行ブームの一端だが、ネコのついでにペットの話になり、ペットをめぐって韓国ではある変化が起きていることが分かった。イヌ、ネコなどペットのことをこれまで「エワン(愛玩)動物」といっていたのが「パルリョ(伴侶)動物」に変わっているのだ。そういえばマスコミももっぱらそういっている。


 これはペットに対する配慮からだという。「愛玩動物」では、動物をオモチャのように考える人間の利己的な所有意識が表れているからよくない、今やペットも家族の一員で人生の伴侶になっているのだから「伴侶動物」というべきだというのだ。何でも民主化が大好きな韓国社会の民主化思想の一環かしら。


 「愛玩」だと英語ではペットだが「伴侶」はパートナーだ。とすると韓国でも人気のペットショップは今後は「パートナーショップ」でペットフードも「パートナーフード」になるのかな?(黒田勝弘)


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR