盛岡市 保護猫世話に経費支給 一時預かり希望者募集

毎日新聞からです。

https://mainichi.jp/articles/20170622/ddl/k03/010/304000c

盛岡市 保護猫世話に経費支給 一時預かり希望者募集

毎日新聞2017年6月22日 地方版


盛岡市保健所と、猫の保護活動に取り組む同市のNPO法人もりねこは今月、保護された猫の一時預かりボランティア事業「もりおかニャンとも幸せプロジェクト」を始めた。市の市民協働事業で、一時預かりにかかる費用などをボランティアに支給する。市などによると、こうした取り組みは全国的にも珍しいという。

 同事業では、市保健所で保護された猫を一時的に預かる登録制ボランティアを募集。猫の体調や月齢が譲渡に適した状態になるまでの間、ボランティアに猫の治療費や餌、消耗品などを支給する。


 事業の説明会が21日、盛岡タカヤアリーナ(同市本宮5)であり、市民ら16人が参加した。市保健所の職員らから市の動物保護の現状や一時預かりをする際の注意点などの説明を受け、実際に保護されている子猫とも触れ合った。


 猫を長年飼いながら近所の野良猫の保護や里親探しもしているという、盛岡市みたけの中野雅子さん(59)は説明会の後、ボランティアに申し込み、「猫の食事や医療費を全面的に支援してもらえるのは本当にありがたい」と話した。


 離乳前の子猫を一時的に預かる「ミルクボランティア」は全国的に広がっているが、成長した保護猫の世話を支援する活動はまだ少ない。NPO法人もりねこの工藤幸枝代表(31)は「年齢的な問題や転勤などで猫を飼うことを諦めている人にも、一時預かりなら可愛がってもらえる」と話し、協力を呼びかけた。問い合わせは、もりねこ(019・613・7773)。【鹿糠亜裕美】


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR