中国・玉林 マーク・チンさん 500頭の犬を救出

犬肉祭りの前日、マーク・チンさんたちは2台のトラックを止め、合計500頭の犬を救出しました。


マーク・チンさんのFBより。

https://www.facebook.com/marcching


翻訳は、Hiroko Ookakuraさんより。

https://www.facebook.com/hiroko.okamura.142



(記事:マーク・チン The Compassion Project)
2017年6月20日
中国・広西チワン自治区・ユーリン


ユーリン祭の前日である今日、2台の犬掲載トラックを停止させた。ユーリン当局と警察からの圧力により、我々は犬が皆安全だと確信するまでは、この情報はインターネットでの公表を控える必要があった。


最初のトラックには犬が400頭ほど掲載されていた。もう1つのトラックには約100頭だ。犬たちに自由を与えるため、我々は犬を放つよう運転手にお金を渡した。


後程、犬が我々のシェルターに運ばれて来て、檻から解放されたら、 AnimalHopeandWellnessのページでライブ動画を投稿する。


何千頭もの犬が残虐に殺されている中、犬たちを救ったのはじつに、中国地元の動物保護活動家である。彼らこそ、ヒーローだ! 中国では今、次世代を担う若者が新たな動きを創り出し、活発化させている。



(マークチンさんのライブ動画)https://www.facebook.com/hiroko.okamura.142/posts/319594208476682?pnref=story


(記事:マークチンさんより)


犬が入っていた檻の内、半分が開けられた。その多くはもう既に死んでいた。
中国に在る我々のシェルターにはもう犬が800頭以上いる。中国地元の動物病院は、病気や死にかけている子たちに点滴やワクチン、抗生剤などの治療を施してくれている。



~転載以上~



※マークさんは、犬を放つように運転手にお金を渡したとのことで、犬を買い取ったわけではないと説明しています。昨日お伝えした1000頭レスキューでも、活動家たちは同様の対応をしたとのことです。


また、マークさんの団体の現地スタッフのスキ・スーさんは、業者や警察との大変なやり取り、殺されていく犬猫たち、助けを求める犬猫たちを目の当たりにするとても過酷な活動の中、国際的な保護団体が動かないこと、犬肉の販売禁止という不確かな情報が流れたこと(結果、今年は例年のような抗議がなく、また現地入りする活動家も少なかったようです)、などに不満を持っており、「犬猫の命を救いに来るべき」、「事実を伝えてほしい」と訴えています。そして、「今言えることは、今年は去年よりずっと状況が悪い。屠殺業者は去年よりもっと悪どく、警察は去年よりもっと繊細になっている」ということで、今年も開催され、多くの犬猫が殺されている現実を嘆かれています。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR