【動画】「天才!志村どうぶつ園」保護ネコゼロ部 田中要次がミルクボランティアのお手伝い

昨夜放送された「天才!志村どうぶつ園」。保護ネコゼロ部のコーナーで、自身3匹の保護猫と暮らす俳優の田中要次さんが、ミルクボランティアのお手伝いをしました。



番組サイトより。

http://www.ntv.co.jp/zoo/backnumber/20170610.html

田中要次 保護ネコゼロ部 

保護ネコゼロ部に新入部員としてコワ面の猫好き俳優・田中要次
今回はノラ猫の赤ちゃんや捨てられた猫がいる乳飲み子専門の
ミルクボランティアをしている吉川さん宅
一泊泊まり込みで3~4時間おきのミルクやりなどの
ボランティアをお手伝い
果たしてやり遂げることはできるのか?


~転載以上~



授乳や排せつのお世話など手がかかるため多くが殺処分されてしまう子猫を救うため、複数の自治体が募集を始めているミルクボランティア。またひとつ、たくさんの人に知っていただきたい現実を取り上げてくれました。


次週も、菜々緒さんの保護ネコゼロ部のその後が放送されます。



【動画】 39:24からです。



天才!志村どうぶつ園 【保護ネコゼロ部に新入部員が!みやぞん雑種犬探しも... 投稿者 dothithanhhoa25101995




ご自身の睡眠や食事は…本当に大変な活動だと思います。頭が下がるばかりです。。

いたいけな子猫が殺処分などされることがないように(呼吸の浅い子猫は、ガス室に入れられてもなかなか死ねないそうです…)、このようなボランティアがいずれは必要なくなるように、不幸な命が増えてしまわないように、不妊去勢を広めることが重要だと思いました。



ネコミルクミルクボランティア関連記事


毎日新聞より。

https://mainichi.jp/articles/20170104/k00/00m/040/098000c


飼育委託

「ミルクボランティア」全国に広がる

2017年1月3日 21時32分(最終更新 1月4日 07時52分)


自治体が引き取った離乳前の子猫や子犬を一時的に預かる「ミルクボランティア」が全国で増えている。授乳などで手がかかるため多くが殺処分されていることから、飼育を委託して保護につなげる取り組み。2016年度から福岡市が事業を始めるなど、毎日新聞の調べでは20政令指定都市のうち9市が導入し年間100匹以上を委託している市もあり、小さな命を救おうとする善意の輪が広がっている。【吉川雄策】


 「甘えたがりで、人なつっこいところがかわいい」。福岡市早良区の自宅でミルクボランティアの女性(39)は黒い赤ちゃん猫を抱き目を細める。動物好きで、仕事は在宅のためボランティアに応募。市動物愛護管理センターで講習を受けた後、生後約2週間の雄猫を預かった。午前7時半~翌日午前0時の間に、ミルクを8回に分けて与え、200グラムだった体重は離乳時期の約2カ月後には1230グラムになった。


 同市は1988年度には約9500匹の猫を殺処分していたが、去勢・不妊手術費の助成などで15年度は451匹に減った。だが約8割(375匹)は職員の手が回らない子猫だった。

 そのため16年7月にミルクボランティアを募集し8匹を委託した。粉ミルクやヒーターなどを提供・貸与。市獣医師会と協力して近くの動物病院が急病時に診察する「全国初」(同市)の態勢もつくった。市は1月に新たに約20人を募る予定だ。


 導入している自治体はメリットを強調する。仙台市は11年3月の東日本大震災で飼い主を亡くした子猫が増えるなどしたことから始めた。「愛情を込めて世話をしてくれるので健康に育つ」と担当者。14年度に始めた神戸市も「猫の譲渡につながる」としている。14年度に犬の殺処分ゼロを達成した熊本市も導入しており、全寮制の中学校に預けたところ「生徒たちの情操教育として効果が大きかった」との声もあった。


 ただ「大切に育てても死ぬ場合があることを事前に説明する」(横浜市)などケアも必要だ。ボランティアの拡大で社会的な動物保護意識の高まりも期待される。福岡市のボランティアの女性は「施設に収容される子猫がいなくなり、最終的にはボランティア制度がなくなるのが一番の願い」と話している。

政令市のミルクボランティア実施状況

     開始年度  年間委託・譲渡数


仙台市 2010年度     集計せず

千葉市  15年度 約170匹(15年度)

横浜市  15年度  約90匹(16年度)

川崎市  12年度  約75匹(16年度)

名古屋市 14年度  約20匹(16年度)

神戸市  14年度  118匹(16年度)

北九州市 12年度   40匹(15年度)

福岡市  16年度    8匹(16年度)

熊本市  14年度   24匹(15年度)



~転載以上~



こちらもどうぞ。NHKより


子猫の処分を防げ “ミルクボランティア”講習会



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR