活動家マーク・チンさん 中国とカンボジアで活動 毛皮工場に潜入/動物福祉教育プログラムを開始

アジアの犬肉産業の実態を潜入調査、記録し、犬の救出活動などを行っている活動家マーク・チンさん(マークさんについて、詳しくはこちら)。


現在、再び韓国や中国で多岐に渡り活動中のマークさん。


前回、韓国での活動の様子はこちらです。


活動家マーク・チンさん 韓国での活動 犬焼酎製造工場から26匹を救出



FBより、中国およびカンボジアでの活動を翻訳、まとめました。

https://www.facebook.com/marcching



先月、中国の食肉処理施設から救出した300匹の犬たちは、現在中国内にあるマークさんの団体のシェルターに移送されています。


数多くの犬が骨折し怪我を負い、またある犬は、両目をくり抜かれたように失っていました。

ほぼすべての犬が、パルボかその他の疾患を患っていました。


シェルターの犬たちをチェックしていると、一匹の犬が、自分を救い出してくれたことを理解しているようにマークさんを見つめていました。


マークさんが「アリーズ」と名付けたこの子は、ジステンパーにかかっていました。

回復を願ったマークさんでしたが、この後アリーズちゃんは別の病気、難病「バベシア症」が原因で亡くなりました。。



動画はこちら。(閲覧注意)

https://www.facebook.com/marcching/videos/vb.1269777534/10212655637287074/?type=2&theater



aries.jpg

 aries2.jpg


4月1日の中国北部における犬肉業者からのレスキューでは、120匹を救い出しました。多くの犬が怪我をし、出血していました。


いつも犬たちの苦しみ、叫び、血を目の当たりにするあまりに辛い活動ですが、救出を試みずして去ることはできない、死にゆく犬たちを暗闇から助け出したい、その一心で続けています。


「これは、単に犬の救出活動ではなく、拷問をやめさせること。

自由、希望、思いやり、そしてセカンド・チャンス」


とマークさんは言います。


別の犬たちは、拷問され、生きたまま焼かれ、屠殺施設に送られました。ほとんどの子たちが盗まれた飼い犬です。


NorthChinaRescue2017Apr01.jpg

 NorthChinaRescue2017Apr01_2.jpg


こちらは、マークさんたちに助け出された子たち。


NorthChinaRescue2017Apr01_3.jpg



動画はこちら。(閲覧注意)

https://www.facebook.com/marcching/videos/vb.1269777534/10212661658437599/?type=2&theater




その後マークさんたちは、中国最大の毛皮生産工場の一つに、買い手に扮して潜入しました。


ここでは、動物たちを農場内の施設で殺し、工場に運んで毛皮製品を生産しています。主な輸出先は、ロシア、日本、韓国、アメリカです。


繁殖用のキツネたちは、歩くことも仲間と触れ合うこともできず、生涯をケージの中で過ごします。


秋になると、数万というキツネが殺されます。多くは感電、気絶させられます(そうすれば噛まないので)。そして生きたまま皮を剥ぎます。生きたまま剥いだ毛皮の方がより品質が良いからです。


殺されるキツネの平均年齢は、わずか一歳ほど。皮を剥いだら、肉の部分は廃棄されます。


マークさんは、「意識を変えることが重要で、より多くの人が毛皮の残酷さを知り、正しい選択をすることで、犠牲を減らすことができるのではないか」と話します。


今回マークさんは、ここから2匹のキツネを保護しました。



動画はこちら。(閲覧注意)

https://www.facebook.com/marcching/videos/vb.1269777534/10212678096568542/?type=2&theater



furfactory1.jpg

 furfactory3.jpg

furfactory2.jpg 

furfactory4.jpg


保護された子。


furfactory5.jpg



現状を変えていくために必要なのは人々の意識改革、ということで、マークさんは地元活動家や行政と連携して、中国において動物福祉教育プログラムを開始しました。


マークさんはこの日、ワンちゃんと共にとある学校を訪れました。

子どもたちの多くが犬を飼っていましたが、やはり皆犬肉業者に盗まれてしまったそうです。


彼らと触れ合うことで、政府へどう働きかけていけばよいかがわかってくるだけでなく、最も大切なこと、未来を担う子どもたちに思いやりの心を教え、教育する機会を得ることができます。


この日一番素晴らしかったこと、それは愛が国境を越える様を見ることができたことでした。


今後、近くにあるマークさんのシェルターの一部を改装し、生徒たちが動物たちと触れ合ったり、保護する必要性について学ぶ場所にする予定で、来月から子どもたちが定期的に訪れることになるそうです。



education program1

education program2 

education program3


カンボジアでの活動につきましては、反・犬猫肉JPNW/Anti-Dog&Cat meat Japan Networkさんが翻訳記事を掲載してくださっているので転載いたします。

https://www.facebook.com/adacmjnw/posts/735372789974976



2017年4月
カンボジアの首都、ブノンベンにて

 

我々は、ブノンベンにある犬肉産業関係者多くの元を訪れ、業者らには犬肉産業の廃止とそれに代わる新しいビジネス展開の提案と促進、さらに経済発展プログラムについて話し合った。ある場所で私はトラックに200頭もの犬が詰められていてケージが降ろされている場面を目にした。この場所では地元のレストランや屠殺場にこの犬たちを売っている。


一般的に犬の屠殺場では犬は縛られ殴られ生きたまま熱湯に放りこまれることが多いが、毛取機にかけられ生きたまま毛をむしりとられる、これも然り残酷である。


ブノンベンでは政府関係者と会い、動物福祉問題を中心に話し合った。カンボジアでは動物保護政策が無いのだ。政府関係者らは僕に「この国では我々人間のことで大変なのに、犬のことなんか気にしてられますか」と言った。僕は「なにも変えようとしないからだ。これで良しとしながら生きているからですよ」と言い返した。


<思いやり>それこそがこの地球上の原則だ。優しい人はすべてに対して優しい。
優しさの無い人間、それこそがこの社会でのカオスの原因となる元凶だ。


人間同志助け合うことは大切だが、動物を守ることも同様、大切なこと。我々は他者を思いやるとき人間らしい暖かな心を活用する。次世代の人間には、生き方や与えることの大切さをおしえよう。


👇の動画は、隠れて撮影したもの。まったくこのような残酷なことができる人々や国に対しては、我々はいったいどうやって立ち向かっていけばよいのだろう、、、


(私は現場で犬を3頭助け出した。3頭。その数字は現場で食用に確保されている犬や屠殺された可哀そうな犬の数字に比べれば本当に微々たるものだが、それでも頑張ったんだ。最後にこの女の子を助けた。苦しさに我慢できずに泣き叫んでいたこの子を。。。「ああ神様、ありがとう」この子はそう言った。



動画はこちら。(閲覧注意)

https://www.facebook.com/animalhopeandwellness/videos/801834876649087/

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR