売上好調でも「ペットショップ」を辞めた理由

以前ご紹介した、保護犬猫の譲渡を始めたアニマルライフさんについての記事です。


オルタナからです。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170412-00010000-alterna-soci


売上好調でも「ペットショップ」を辞めた理由

4/12(水) 13:26配信



20年以上地元に根付いたペットショップを運営してきたAuxi(アークス、千葉県千葉市)は昨年7月からペットの生体販売と繁殖を辞め、保護犬・保護猫の譲渡に切り替えた。事業は好調だったが、ペットショップを辞めた理由は、「子犬や子猫の繁殖の残酷さ」に従業員から疑問の声が出てきたことがあるという。(オルタナS副編集長=池田 真隆)



同社では、「ペットのジャングル」という名称の店舗を千葉県内で運営していた。いまでは、「アニマルライフ」と店舗名を変えて、生体販売に代わって自社で動物愛護センターから引き取った犬猫たちの譲渡活動(里親探し)を行っている。

同社の竹堂佳紀社長は、生体販売から切り替えたことについて、「経営は容易ではなく、 模索の日々ですが、 ペットショップを卒業したことに後悔はない。 正しい決断だったと考えている」と言い切る。

現在、日本全国で飼われている犬や猫の数はおよそ1979万頭(犬は992万頭、猫は987万頭)と推計されている(平成27年 一般社団法人ペットフード協会調べ)。

そのうち1年間に自治体の保健所や動物愛護センター等に引き取られる犬や猫の数は、年間およそ13万7千頭にのぼる。犬は 所有者不明の成犬が多く 猫は所有者不明の幼齢猫が多くを占めているという。

自治体に引き取られた犬や猫で返還・譲渡されているのは年間約5万頭。その割合は年々、 増加してきていはいるが、引き取られた犬や猫の約6割はやむなく殺処分されている。

同社ではこのたび、千葉保護指導センターからの引き取りを行い、運営する「アニマルライフ南行徳店」「アニマルライフ千葉本店」で里親探しを行う。竹堂社長は、「千葉県内の殺処分をゼロにしたいと願っている」と意気込む。

里親会は4月15日10時から、「アニマルライフ南行徳店」「アニマルライフ千葉本店」で開催する。千葉本店では愛犬・愛猫撮影会、南行徳店では保護猫写真家ねこたろう氏による写真展、バルーンアート、似顔絵師による愛犬・愛猫の似顔絵描きなども行う



~転載以上~



シュシュさん、アニマルライフさん、クオーレさん。こうした形がもっともっと認知され、増えていくといいですね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR