<福島原発事故>酪農家が「牛魂碑」 餓死した家族忘れない

毎日新聞からです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000006-mai-soci


<福島原発事故>酪農家が「牛魂碑」 餓死した家族忘れない

4/9(日) 7:10配信



 「牛に生き地獄を味わわせてしまった」。東京電力福島第1原発事故で避難を余儀なくされ、家族同然の牛たちを餓死させた福島県南相馬市小高区大富の酪農家、渡部隆雄さん(55)の気持ちは今も晴れない。避難指示は昨年7月に解除されたが、後悔の念に駆られて酪農を再開できないからだ。同じ境遇の酪農家らと牛舎近くに「牛魂碑」を建て、慰霊の祈りをささげる。

【原乳出荷が再開できた牧場も】

 「(建立に)6年もかかってごめんな」。渡部さんは8日午前、真新しい慰霊碑の前で静かに目を閉じた。

 2011年3月11日は牛舎で作業中だった。乳牛約60頭にけがはなかったが、原発事故で避難指示が出た。色も臭いもない放射線に実感が湧かない中、14日に両親と家を離れた。牛をつなぐ鎖を外すか迷ったが、「他の家に迷惑をかけても困る」と思い、そのままにした。一時帰宅が許された同年6月、牛舎に入ると、地面には大量のウジ虫とハエ。牛たちは、骨と皮の無残な姿で餓死していた。牛舎の柱が異様に細い。「餌がなく木までかじったのか」

 「土地を荒れ放題にしてはおけない」と、14年から牛の餌となる牧草やトウモロコシ作りを再開。知人も餌作りはできても、誰一人として牛を飼うことができない。渡部さんは「死んだ牛たちのためにも大富を発展させていきたい」と前を向いた。【南茂芽育】



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR