【署名あり】いまだに行われている狩猟:アザラシの赤ちゃん

ひかたまさんからです。

http://shindenforest.blog.jp/archives/69943003.html



今年もカナダのアザラシ猟が始まりました。

例年よりも少し早く
始まりました。
4ee014a4557a58b
pinterest.com


カナダの東海岸沖では
猟師たちがアザラシの赤ちゃんを殺すために奔走します。

狩猟解禁と共に
数百から数千隻の船が一斉に狩猟に乗り出します。
そして
できるだけ早く多くの赤ちゃんアザラシを殺す競争になっています。

殺す対象は
無抵抗の生後間もない赤ちゃんアザラシたちです。



赤ちゃんアザラシは、幼すぎて逃げることもできないまま、
銃で頭を撃たれるか、
ハカピクと呼ばれる先のとがったこん棒で撲殺されます。

17218765_7289676706
Facebook


980x
Michael Bernard/ Humane Society International


980x
Michael Bernard/ Humane Society International


殺されたアザラシたちは、
完全利用が目標にも関わらず
その90%は廃棄され
毛皮だけが利用されているのが実態との報告があります。

急ぐあまり
いきたまま毛皮を剥ぐとの目撃情報もありました。

毛皮をはがされた後の赤ちゃんたちの遺体は海に投げ捨てられるか、
そのまま氷上に捨てられ腐敗していきます。

狩猟の写真はインターネット上に出ていますが、
とても掲載できる写真ではありません。
見るに耐えない光景です。
見てみたい人は
例えば
これ




非人道的で有効利用の少ない商業的なアザラシ猟に対する国際的な反対は年々強くなっていますが、
いまだに行われ続けています。

現在、
EU加盟国28カ国、ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、メキシコ、アルメニア、台湾、米国の35カ国が
アザラシ製品の取引を禁止しています。

日本はアザラシの赤ちゃんの大量殺害を容認しています。


この狩猟に関しては
署名寄付による阻止活動が行われています。

ifw
.ifaw.org


hsi.
hsi



~転載以上~



★過去記事にも署名があります。


【署名あり】カナダの残酷なアザラシ猟が解禁 犠牲になる98%が無防備な赤ちゃん


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR