飼育員 象が振り回した鼻に当たり死亡 和歌山

NHKニュースからです。(※動画あり)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170312/k10010908171000.html


飼育員 象が振り回した鼻に当たり死亡 和歌山


12日午前、和歌山県白浜町の動物公園で、タイ人の男性飼育員がゾウの世話をしていたところ、象が振り回した鼻に当たり、まもなく死亡しました。警察が詳しい状況を調べています。

続きを読む

12日午前9時すぎ、白浜町の動物公園「アドベンチャーワールド」で飼育員がゾウの体をホースやブラシを使って洗っていたところ、ゾウが鼻を振り回し男性飼育員の体に当たりました。

飼育員は、体をはね飛ばされて柵に当たったということで、一緒に作業していた同僚に助け出されて病院に運ばれましたが、頭を強く打っていて、およそ1時間後に死亡しました。

警察によりますと、死亡したのはタイ人のウィチャイ・マディさん(37)で、もう1人の飼育員とともにゾウのおりの中で2頭の象の体を洗っていたということです。

当時は開園前で、周りに一般の人はいませんでした。警察が、関係者から話を聞くなどして詳しい状況を調べています。

飼育員にけがをさせたことなかった

和歌山県白浜町の動物公園、「アドベンチャーワールド」によりますと、このゾウは40歳のメスの「ラリー」で、高さは3メートル近く、体重はおよそ3.5トンあります。

昭和53年の開園当初からこの動物公園で暮らしていますが、飼育員にけがをさせたことはなかったということです。

死亡したタイ人のウィチャイ・マディさんは、タイの動物園で10年以上、ゾウを飼育した経験があり、おととし来日して、「ラリー」など5頭のゾウの世話をしていました。

ゾウに近づいて世話をする際は必ず複数の飼育員で行うことにしていて、12日もマディさんは別の飼育員と2人でゾウの体を洗っていたということです。

動物公園は13日と14日の2日間、臨時休園することを決めました。「アドベンチャーワールド」の今津孝二園長は「亡くなった飼育員のご家族をはじめ、お客様や関係者の皆様に深くおわび申し上げます。再発防止策を検討し、改めて安全の確保を徹底します」と話しています。



~転載以上~



このような事故が各地で相次いでいますね。。



産経ニュースより


全国で相次ぐ動物絡みの事故 過去にはアジアゾウに襲われたラオス人飼育員も



動物が殺処分というようなことにならないでほしいです。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR