米サンフランシスコ ペットショップは保護犬猫しか販売できない法律を可決

米サンフランシスコで、ペットショップは保護犬猫しか販売できない法律が可決されました。



The Independent

San Francisco passes law forcing all pet shops to only sell rescue dogs and cats


World Animal News

San Francisco Makes It Law For Pet Shops To Only Adopt Out Rescued Dogs & Cats!



サンフランシスコは、非人道的な繁殖施設「パピーミル」を根絶するための取り組みの一環として、すべてのペットショップで保護犬猫しか販売できない法律を可決しました。


これにより、劣悪な環境で犬猫を飼育・繁殖するパピーミルの根絶、および市内のシェルターが抱える多くの犬猫たちの譲渡促進が期待されています。


認可を受けたブリーダーは、この影響を受けず、犬や猫の販売が禁止されるのは「非人道的に動物を生産する大規模なブリーダー」となります。


また、今回の法改正では8週齢未満の動物の販売も禁止されます。


すでにロサンゼルス、サンディエゴ、シカゴ、フィラデルフィア、ボストンなどもペットショップでの犬や猫の販売が禁止されています。


最近では、アリゾナ州フェニックスでも「ペットショップで売られるすべての犬は、シェルターなどの保護施設にいる犬でなくてはならない」という法律が可決されています。 


理想のペットショップは保護された動物を引き取る場所、そしてペットとの生活に必要なフードやペット用品を売る場所に!


素晴らしいですね!こうした動きが広がってほしいと思います。いずれは日本でも…!

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR