動物の剥製を世界から無くそう 動物を殺傷しないリアルな美術品

先ほどテレビをつけたら、たまたま情報番組でやっていて、気になって調べてみました。



ねとらぼからです。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1701/05/news090.html


2017年01月05日 20時00分 更新

もふもふシロクマが自宅にやってくる……! 超リアルな実物大の「シロクマ親子」が発売

本当に眠っているかのよう。


ブラストは、実物大の動物美術造形シリーズ「Animals As Art」を発表。その第1弾として、眠る姿を再現した「シロクマ親子」を発売しました。クオリティー高すぎる……!

シロクマ 親子 Animals As Art 動物 美術
本物にしか見えない……!


 「生き物を殺さずに生きているかのようなさまざまな動物を創ろう」というアイデアの元、最新の特殊造形技術の粋を集めて制作。シロクマ1体の製作期間は約3カ月間に渡り、熟練トップクラスの造形職人3人とアシスタント5人の体制によって、頭部の毛の1本1本の植毛作業や、口内の歯茎や牙、肉球、爪など、細かい部分まで徹底的に作り込まれています。

 プロデュースは特殊造形業界で30年以上の経歴を持つ岡部淳也さん。動物造形監修は「チョコエッグ」などで知られる日本のネーチャーフィギュアの第一人者、海洋堂・造形作家の松村しのぶさんが手掛けています。


シロクマ 親子 Animals As Art 動物 美術
親子で眠る姿がかわいらしい

シロクマ 親子 Animals As Art 動物 美術シロクマ 親子 Animals As Art 動物 美術
毛がもふもふです


 公式サイトにて受託受付を開始していて、価格は親子セット1340万円、親のみ890万円(どちらも税別)。同シリーズの売り上げの1%はWWFジャパン(公益財団法人世界自然保護基金ジャパン)に寄付され、「剥製販売の反対」「絶滅危惧種の保護」への支援となります。


シロクマ 親子 Animals As Art 動物 美術シロクマ 親子 Animals As Art 動物 美術
どの部位も圧倒的クオリティー

シロクマ 親子 Animals As Art 動物 美術 口内まで造形されています



~転載以上~



まるで本物のようですねカナヘイきらきら

第1弾とのことなので、今後別の動物も登場するんでしょうね~


作り物でしか彼らの姿を見ることができない-そのような悲しい未来にならないように…

多くの人が生物多様性や環境・動物保護に関心を持ってくれる、そんなきっかけになってほしいと思います。




以下は、公式サイトより。

http://www.animals-as-art.com/animals-as-art_jp_polar-bear.html



Animals As Art



コンセプト -開発の信念-


ANIMALS AS ART


自宅でシロクマと過ごす。


あなたの自宅で シロクマの親子 が訪れ穏やかに眠っています。


寝息すら聞こえてきそうな寝姿。 しかし確かに感じる生命力。


しかしこれは、本物のシロクマでも、動物を殺傷して作成した剥製でもありません。


本物としか目に映らない動物の寝姿を、考えうる限りの新素材と圧倒的技術力で、

新しいアート領域として表現しました。


これまでのアート、インテリア、動物剥製では

決して得ることのできない 芸術的感動と動物愛 を感じてください。




動物の剥製を世界から無くそう -WWFジャパンへの寄付活動-


ANIMALS AS ARTは、動物剥製の廃絶も目的の一つです。


一切の殺生を行わない美術造形材料を使い、

生きているかのような リアル動物の美術品 を創り出す。


そして美術品の製作販売の収益から、

創作の動機となった 思い を実際の動物保護へ反映させる為に、

地球上の生物多様性を守ることと、人の暮らしが自然環境や野生生物に与えている負荷を小さくすることを柱に、


100ヵ国以上で活動を展開する地球環境保全団体のネットワークの一員である「WWFジャパン」へ、野生動物の生態保全の基金として売上の1%の寄付を行っています。



~転載以上~



体毛は合成繊維100%で、動物の殺傷を一切行わない人造の毛素材が使用されています。


i-041034x553.png




かなりお高いですが…


世界のお金持ちのハンターの皆さんは、動物を殺してこんな剥製のショールームを作るのではなく…



CLR5Yk-WcAEw-o0.jpg



こちらの作品を購入して飾ってみてはいかがでしょうか?


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR