犬、猫の殺処分2年連続全国最多 長崎県、昨年度4370匹 不妊去勢支援拡充へ

長崎新聞からです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00010005-nagasaki-l42


犬、猫の殺処分2年連続全国最多 長崎県、昨年度4370匹 不妊去勢支援拡充へ

1/24(火) 10:50配信


犬、猫の殺処分2年連続全国最多 長崎県、昨年度4370匹 不妊去勢支援拡充へ

長崎県の犬・猫の殺処分数の推移

 


長崎県の犬、猫の殺処分数が2015年度4370匹で、全国で最も多かったことが県のまとめで分かった。県は17年度から「不幸な犬や猫を減らす協働プロジェクト」として、野良猫の不妊去勢支援を拡充するなどし、処分数を19年度までに半数に減らしたい考えだ。

 15年度は県や長崎、佐世保両市の保健所などに収容された動物の殺処分数は、猫が全国2番目の3585匹、犬が同7番目の785匹。犬、猫合わせた件数は、14年度(計4809匹)から2年連続で全国最多だった。全国と比べ、離乳前の子猫の処分割合が高い。県生活衛生課は「温暖な気候で冬を越しやすいことや、餌を与える人も多いのかもしれない」と分析している。

 一方、県内の殺処分数は近年、減少傾向にある。04年度は1万5463匹だったのに対し、10年度には飼い主から保健所への犬、猫の引き取りが有料化し、引き取り窓口も105カ所から20カ所にするなどして、7213匹まで減った。15年度には、県が野良猫への不妊去勢の手術費の補助(年間40匹)を始めた。

 県は17~19年度にかけて、野良猫の不妊去勢手術費の補助拡充、ボランティア団体と協働し保健所などに保護された犬、猫を飼いたい人に渡す譲渡会を定期的に開催する予定。県は「こうした動物の存在を知ってもらい、ボランティア団体との活動を広げ、譲渡会の来場者数増加につなげたい」としている。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR