犬と人の絆を描く感動の映画での虐待問題

昨日お伝えした、犬と人との絆を描いた映画での虐待問題について、ひかたまさんが過去の映画作品における事例も交えてまとめてくださっています。



ひかたまさんからです。

http://shindenforest.blog.jp/archives/68571240.html



犬の視点から見た物語の映画化
「A Dog's Purpose」
が今月27日から米国で公開されます。

dogYoutube

原作は
ベストセラー小説「野良犬トビーの愛すべき転生」。
ダウンロードAmazonco.jp



一匹の犬が
数回の転生を繰り返す中で、
過去生での飼い主と再会し
生きる目的を探究していくお話です。


とても感動的な話なのですが、

映画の撮影時の主演の犬を
虐待ともいえる状態で撮影していた動画が公表されました。


ニュスサイトTMZが入手した
動画には
問題のシーンが写っています。

カナダ・ウィニペグの屋外プールで撮影されたシーンでのこと。

8艘のボートのモーターを作動させて
プールに強い水流を作り出して
その中に犬が飛び込む撮影です。

doggtmz.com


すごい勢いの水流に
犬は
怖がり
必死に抵抗しますが
スタッフによって無理やり首輪を捕まれて水に入れられてしまいます。
周囲の撮影スタッフたちは
笑い声を上げているようです。

その後、
撮影は直ちにカットされ、
ハンドラーは犬の救出したようですが。

映画の趣旨と
撮影風景とはあまりに違っていたようです。

この動画の流出によって
プレミア試写会は中止。

「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」は
映画を見ないようにと
呼びかける事態となりました。


dogsadogspurposemovie.com





昔は多くの映画で
動物たちは犠牲になってきました。




撮影中に動物たちが不慮のケガを負ったり、
無理なダイエットのために飢餓状態にしたり

撮影後に用が無くなった動物への虐待も知られています。

演出のために虐待にあったり、
死んでしまうという事件も起こります。




例えば、
「ベン・ハー」という映画。
この映画の撮影では約100頭もの馬の命を犠牲にしています。

Chariot_Race_Ben-HurWikipedia


「ナルニア国物語」では、
映画のクレジットに「動物を傷つけていません」
“No Animals Were Harmed”と表示されています。

でも、
実際には馬にケガさせていることが報告されています。

「ホビット 思いがけない冒険」
子供向けのファンタジー映画ですが、27頭の動物が撮影中に死んでいます。


「ライフ·オブ·パイ」の撮影では、
トラが水槽の中でおぼれかけた事実があったことがバレてしまいました。


この事実は、当初現場にいた人間以外には秘密にされ、
制作会社にも報告しませんでしたが、
口止めが書かれたメールが動物愛護団体に送られて、発覚しました。

「スノー・バディーズ 小さな5匹の大冒険」では、
犬を撮影用の提供する業者が、健康を偽って提供したため、
5匹の仔犬が撮影中に死亡しました。


日本でも、
猫虐待映画として有名になってしまった
「子猫物語」などがあります。




でも、
現在ではCGによって
一匹の命も犠牲にしない映画も多くなってきました。




以下は
ひかたまの過去記事「動物を犠牲にしない映画」からの抜粋です。

ノア:約束の舟
この映画には、とてもたくさんの動物たちが出てきます。
動物を縁起を強いないということから
そのほとんどがCGになりました。
ただ、残念なことに映画の内容には、
人と人との間にちょっと残酷な面がありました。

158143_01パラマウント映画
 

猿の惑星:創世記ジェネシス
この映画では、たくさんの類人猿が出てきます。
すべてコンピューターを使ったモーションキャプチャー技術を使用しています。

この作品のテーマは、
動物に対する人間の非人道的扱いであったため、

撮影には生きた動物は使わないで行われました。
155930_0220世紀フォックス
 
パーフェクト・ストーム
この映画では、
魚一匹でも傷つけないとの確固たる方針で撮影された映画です。

魚が出てくるシーンでは
本物の代用として、
アニマトロニクス(ロボットとCGの組み合わせ)やゴム製品の魚を使用しました。


perfectstormdvdcoverワーナー・ブラザーズ


砂漠でサーモン・フィッシング

これも釣りには偽物の魚を使っています。
063d7ea0BBCフィルムズ


キングコング

これはゴリラの動きを元にCG化したのは、もちろんのこと、
映画の初めのシーンに出てくる動物たちは、
動物園の動物で、
その飼育場所での自然な動きを撮影して、
背景を合成しています。

060605-1ユニバーサル・ピクチャーズ/UIP映画


だれもがクジラを愛してる

1988年に実際に起きたクジラ救出作戦に元づいた映画。
ここに出てくるクジラは、
アニマトロニック(ロボット+CG)。


それに実際の当時の記録映像を合わせています。

big-miracleユニバーサル・ピクチャーズ


こういった気配りは、嬉しいものです。



この物質世界も、
愛と知性を持つ神の意思の力の演出により
仮想粒子で作られた
実在世界を投影する映画のようなもの
です。

私たちの物質世界のあらゆるものは、
仮想粒子(一瞬物質化する素粒子)が意思の力で集合し、
電気的平衡状態を保ちながら
物質として表現されています。


それは、
映画が
スクリーンに点滅するコマ映像を投影することで、

あたかも本物のように映像化することが出来るのと
とても似ています。


つまり、
私たちの物質世界での人生も、
映画も同じ。


その中で、
すべての生き物に優しい気配りができるかどうかは、
私たち次第です。



~転載以上~



最近では、ディズニー映画「ジャングルブック」も動物フリーな映画として愛護団体に推薦されていましたね。同作品には、CGによってリアルに再現された70種類を超える動物が「出演」。本物の動物を一切使用しない動物にやさしい映画です。

http://www.peta.org/blog/no-bears-necessary-new-jungle-book/




人間の娯楽のために、罪のない動物たちが苦痛や犠牲を強いられることがないよう、こうした配慮が浸透してほしいと思います。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR