大雪のトルコで、飼い主のいない犬猫たちに手を差し伸べる人々

ANIMALiveからです。


トルコに大雪!人々が野良犬のために取った行動とは?!

http://animalive.me/cry/turkey-in-heavy-snow-and-actions-taken-for-the-stray-dogs-people


トルコのイスタンブールで大雪が降り、気温が急激に下がったことで、大混乱が生じています。


イスタンブールの人々は野良犬を寒さから守るために素晴らしい行動を取り始め、これがインターネット界で多くの賞賛を引き起こしています。

人々の優しさ!

野良犬1 source:


今週始め、アリさんは大雪の中を通勤していましたが、その際に地元のショッピング・モールで避難をする野良犬の集団を見つけました。驚いたことに、そこでは心優しい人々が犬のためにダンボールとブランケットを敷き、野良犬がそこで暖かく寝るための寝床を作っていたのです


そして食べ物の山もそこにはありました。

「素敵でした。人々は匿名で、動物を助けるためにそこに寝床を作ったのです。」とアリさんは話します。


野良犬2 source:


いくつかの店は、動物たちを寒さから守るために店を開放して迎え入れていました




犬たちはこの優しさに喜びを感じているように見えます。これらの人々の優しい行動が、ほかの人々に良い影響を与えることを願ってやみません

「真実の愛はいつも暖かいものです」とこの店のオーナーはFacebookに書いています。(thedodo





トルコの人々は、本当に動物が大好きなんですね!日本にも厳しい冬が訪れようとしています。たくさんの動物が人々の優しい行動に救われますように。



つながる花1つながる花2つながる花1つながる花2つながる花1つながる花2つながる花1つながる花2つながる花1つながる花2つながる花1つながる花2つながる花1つながる花2つながる花1つながる花2つながる花1つながる花2つながる花1つながる花2つながる花1つながる花2



以下も ANIMALiveからです。


猫感激!大雪のなか、自分の店を野良猫に開放した男性に世界から賞賛の声

http://animalive.me/cry/cat-deep-emotion-in-heavy-snow-his-shop-to-feral-cats-in-the-opening-mens-voices-of-praise-from-around-the-world


トルコのイスタンブールにお店を構える、ある優しい男性が、過酷な冬の寒さから野良猫を守るために、店を開放したことが話題になっています。

猫の避難所!

猫1 source:


小さな文房具屋さんを営むSelcuk Bayalさんは近所のボランティアの人々と共に、野良猫の世話を見続けています


気温が急激に下がり、野良猫に危険が及びそうになった時、彼は猫のために店を避難所にしたのです。


彼は猫にエサを与え、汚れている猫にはお風呂も浴びせました。「こんなに寒いのだから、避難民を受け入れるのが賢明ですよ。この辺にお店はうちしかないんでね」とSelcukさん。

近所の人は美しく小さな命を守りたいという純粋な彼の優しさに感動し、賞賛の声をあげていますが、中には怪訝な顔をする人もいるそうです


猫2 source:


お客さんを失うというリスクを抱えながらも、Selcukさんはお店のショー・ウィンドウに張り紙を貼り、Selcukさんの行動に同意しない人々へのメッセージを提示しています。

猫が店にいるのが嫌な人はここで買い物をするのを控えてください」とそこには書かれています。


猫3 source:


Selcukさんはこのような過酷な冬の気候のなかに猫を放っておくのは耐えられないと言います。


安全な場所でエサを与えてもらい、くつろぐ猫を見るのが嬉しくてたまらない、と彼は語ります。


猫4 source:


「中には猫は寒さに強いのだから大丈夫だと言う人もいます。でも猫たちは決して寒さに強くありません。もし全てが凍って水が見つからなかったら、彼らは死んでしまいます。」とSelcukさんは訴えます。


彼の行動を支持するお客さんたちは、お店に来て猫たちとのふれあいを楽しんだりもしています。


猫5 source:


猫たちは大好きなヒーターに集まり円陣を組んでいます。


猫6 source:


Selcukさんは猫にも人間に対しても誰にでも寛容な心でお店を開放しています。

猫たちは暖かい住処とたっぷりのご飯をもらえて嬉しさでいっぱいです。毎日、Selcukさんとボランティアの人々に感謝の気持ちを伝えています。(lovemeow


猫7 source:


衛生面での問題などで怪訝な顔をする人はいるでしょう。しかし、それでも命を守るためにSelcukさんが起こした行動には胸を熱くさせるものがあります!猫たちも嬉しそうです。日本でも是非こんな行動を取る人が増えると良いですね!



~転載以上~



小さな命を思う人々の優しさに、心があたたかくなりました。


イスタンブールには、こんな優しいモスクもありましたね。


野良猫たちを温かく迎え入れるイスタンブールのモスク


こちらはギリシャ。


ギリシャ・レスボス島 飼い主のいない犬たちに「寝床」を提供するカフェ



日本にも、「最強寒波」がやって来ています雪

お外の猫たちや、庭につながれっぱなしの犬たちのことを思うと、ただただ気がかりで胸が痛んで仕方ありません…。


箱座りをしたまま固まって凍死している猫、雪を避けようと車の下に入ったものの、積雪で出られなくなって…といった話も聞きます。


1つでも多くの命が、可能な限りで救われるように、手を差し伸べてもらえるように…願います。


お外で飼っている子たちは、どうかお家の中に入れてあげてください。。


寒い1


 寒い4



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR