クレーンゲーム景品にハムスター「無責任な飼い主を増やしてしまったのではないか」

こちらのニュースについて関連記事です。


ゲーセン「もふもふはむすたぁ」批判受け撤去



弁護士ドットコムからです。

http://news.livedoor.com/article/detail/12537861/


2017年1月13日 16時38分

クレーンゲーム景品にハムスター「無責任な飼い主を増やしてしまったのではないか」

兵庫県太子町にあるゲームセンターが、生きたハムスターをクレーンゲームの景品として客に提供していたことがわかり、ネットで批判が沸き起こった。同店は今月ゲーム機を撤去した。


報道によると、同店では2016年10月ごろから、クレーンゲーム「もふもふはむすたぁ」を設置。ゲーム機の中には、景品の見本として、ゲージに入った生きたハムスターが入れられていたという。ゲームは1回500円で、クレーンでピンポン玉をすくって穴に入れると空のカゴをゲットでき、店員から景品のハムスターをもらえるという仕組みだったそうだ。これまでに104匹が客の手に渡ったという。


同店は1月10日にツイッターで、「生き物を一商材として扱うような行為であったと改めて深く反省している次第にございます」と謝罪。当時の飼育状況については「飼育世話係数名が個別ケージにて、日々のエサやり、水替え、ケージの清掃等を行なっておりました」と記載し、ゲーム機についても「ハムスターが直接景品取り出し口に落ちてくるというものでは無い」と説明している。


店の運営会社は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して、「これ以上騒がれるのはご勘弁願いたい」とコメントした。


ハムスターをめぐっては、2014年7月、大阪市の夏祭りで、客がエサのついた糸を垂らしてハムスターを釣り上げる「ハムスター釣り」なる露店が現れ、「かわいそうだ」と物議を醸した。

今回のニュースについても、ネット上で「ありえない」「虐待だ」などのコメントが見られた。同店の行為は、動物虐待にあたるのだろうか。ペット法学会事務局次長をつとめる渋谷寛弁護士に聞いた。


●動物虐待になる?

「お店の行為は、動物愛護管理法44条2項の動物虐待罪に該当する可能性があります。

この処罰の保護の対象になるのは、生き物の中でも愛護動物に限られます。愛護動物は、牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひるの11種類の動物と、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するものです。


ハムスターは11種類の動物の中には含まれませんが、今回の場合はゲームセンターの店員が管理していたようですから、『人が占有する哺乳類』にあたり、保護の対象となります。


ただし、今回のケースでは、警察が立件する可能性は低いでしょう。ハムスターを直接クレーンで掴めば虐待にあたる可能性が高いため、警察も動くかもしれませんが、今回の場合、クレーンで掴むのはピンポン玉であってハムスターではありません。また、ハムスターはゲージに入れられ、エサや水も与えられるなど最低限の飼育環境は整っていたようです。


問題になるとすれば、ゲームセンターという、常に大きな音が響いて、明かりもついている環境にハムスターが置かれていたことです。ハムスターは夜行性ですから、通常、昼間は寝ています。音がうるさく、光に照らされた環境で、果たしてハムスターが熟睡できていたのでしょうか。


また、ペットショップでハムスターを購入しようとすると、種類にもよりますが通常1000円以上はするでしょう。今回はゲームが1回500円で、うまくいけばペットショップで購入するよりも安く手に入ります。ゲームセンターに立ち寄ったついでに、飼育する意思もないのに衝動的に挑戦して、予期せずハムスターの飼い主になってしまった人もいるかもしれません。結果的に無責任な飼い主を増やしてしまったのではないかと、懸念されます」



~転載以上~



以下は、J-CASTニュースより。

http://news.livedoor.com/article/detail/12538608/


クレーンゲーム景品にハムスター 「命を何だと」vs「金魚すくいと同じ」

2017年1月13日 19時53分


ハムスターをクレーンゲームの景品にして展示していたとして、兵庫県内のゲームセンターにツイッター上などで非難が集まり、店側がゲーム機を撤去するまでになった。ネット上では、「金魚すくいとどう違うのか」などと疑問も出て、論議になっている。


「思わず目を疑ってしまった」「爆音すごいですよ」「小さな命をなんだと思ってるんだ~」。ツイッター上などでは、2016年末ごろからクレーンゲームの画像が投稿され、17年に入ってからも、こんな声が相次いだ。

ゲームセンターは謝罪してゲーム機を撤去

ハムスターを景品にしていたのは、兵庫県太子町内のゲームセンター「ゲームアイビス太子店」だ。ツイッターなどの情報によると、クレーンゲームは1回500円で、たまったピンポン玉をすくって穴に入れると、空のカゴがもらえて、ハムスターが手に入る。ゲーム機の中に、見本としてハムスターが入ったカゴが数個置かれてあった。


ゲーム機に、注意書きはあり、遊び半分でハムスターを持ち帰ってはいけないとし、飼い方についても触れられていた。また、「生物きゃっちゃ~第三弾」と書かれており、以前から動物などを景品にしていたようだ。


ネット上で騒ぎになると、ゲームアイビス太子店は1月10日付で、ツイッターに謝罪文を出した。


そこでは、飼育世話係数人でエサやりなどを毎日行っていたが、動物愛護の観点から指摘を受けたとして、「生き物を一商材として扱うような行為であったと改めて深く反省している」とお詫びしている。すべてのハムスターの里親が決まったとしたうえで、8日時点でゲーム機を撤去したことを明らかにした。


11日には、大阪・毎日放送などでも報じられ、そのウェブサイト記事によると、ゲーム機は、16年10月ごろから設置され、これまでに104匹が景品に出され、残った3匹は店員が飼育しているという。

「風営法で明確でなく、警察の聴取もない」

クレーンゲームで動物を景品にすることは、全日本アミューズメント施設営業者協会連合会の取り扱い要領などで、「動物愛護の精神に反する生物」として禁止されている。しかし、ゲームアイビス太子店は、連合会などに加盟していなかった。


ただ、ハムスターは、金魚などの魚類と違って、哺乳類として動物愛護法で虐待をしてはいけないことが規定されている。また、クレーンゲームは、風営法の規制対象にもなっている。

兵庫県動物愛護センター龍野支所では1月13日、J-CASTニュースの取材に対し、ハムスターをゲーム機に入れていたことに問題がないのかという問い合わせが1件あったとし、警察が動いていると聞いていると答えた。


太子店を運営するアイビスでは、動物を景品にすることについては、風営法では明確な規定がなく、警察に事情を聴かれたこともないと取材に説明した。ハムスターは、店員が飼っていたペットが繁殖したので景品にし、ペットショップでも購入したという。それ以上の詳細については、回答することを控えたいとしている。


報道を受けて、ネット掲示板などでも話題になっており、賛否が分かれている。

景品化に反対の声としては、「生き物への虐待だよ」「ストレスが半端なかっただろうな」「実物入れんでも見本写真で十分だったのに」といった書き込みがあった。一方で、理解を示す声の方も多く、「これがダメなら縁日の金魚すくいもアウトだな」「サンプルで置いてるだけじゃん ペットショップと一緒」「直接キャッチするんじゃないからいいだろ」などの意見も出ている。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR