山梨県庁ネコ捕獲大作戦 初日は13匹 県HPで里親募集も計画

産経新聞からです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000540-san-soci


山梨県庁ネコ捕獲大作戦 初日は13匹 県HPで里親募集も計画

1/13(金) 16:12配信


山梨県庁に多くの野良猫が集まっている問題で、動物愛護団体は13日、県庁内で13匹を捕獲し、初日の取り組みを終えた。目視でもまだ3、4匹が確認されており、14日も早朝から捕獲作業を再開する予定だ。

捕獲された猫は、団体の経費で避妊・去勢手術を施し、週明けの16日午後にも、県職員らの立ち会いの下、捕獲した場所に戻す。

県はこれに合わせて、猫の写真を一匹ずつ撮影し、ホームページに掲載。里親を募集する計画だ。



~転載以上~



以下も産経新聞より。

http://www.sankei.com/premium/news/170113/prm1701130001-n1.html


「共生」探る県庁中庭の猫問題…一方で減らない犬猫の殺処分 年間1000匹超

2017.1.13 17:00更新


飼い主から山梨県の動物愛護指導センター(中央市乙黒)に引き取られ、もらい手がなく殺処分される犬猫の数が減らない。県によると、平成27年度は1898匹を引き取り、里親を得られなかった1024匹が処分された。山梨県庁の中庭で暮らす猫たちの「共生」が注目されているが、近年は減少のペースが落ちている。県は35年度に犬猫の引き取り数を620匹に減らす目標だが、現状では達成は難しく、新たな対応が求められている。


 山梨県衛生薬務課によると、27年度に処分されたのは犬79匹と猫945匹。猫のうち約8割が生後90日以下の子猫だった。


 同センターに犬猫が持ち込まれる理由は、飼い主の病気や死亡、引っ越しなどで飼えなくなったなどのケースがほとんどという。


 同課は「最後まで責任を持って飼う意識を高めたい。高齢者は自分に何かあった際の引き取り先も確保してほしい」としている。こうした飼い主の意識に加え、「野良猫を減らす対策も必要」と指摘する。


神奈川、広島で先行


 他県では「処分ゼロ」の動きが広がりつつある。神奈川県は25年度に犬、26年度に猫で達成、今も継続している。広島県は今年度に犬、猫の処分を停止した。このほか市町村での実現も増えている。


 神奈川県では「愛護団体やボランティアと協力し、徐々に減らした。犬で達成した後は、猫もできるという機運が高まった」(生活衛生課)という。今年度には県が愛護活動に補助金を出す制度も始まった。


 広島県はかつて、年間約1500匹を処分していたが、対象の犬猫を県内のNPO法人が全て引き取る仕組みを取り入れた。運営費は法人が所在する町に寄せられた「ふるさと納税」や寄付金で賄われている。


 「地域猫」運動も


 新たな取り組みとして注目されているのが、野良猫を捕まえて、去勢・不妊手術後に元の場所に放す「TNR活動」。地域住民が連帯して養い、野良猫の数を減らしていく。本県では各団体の規模が小さいこともあり、「それほど関心が広がっていない」(衛生薬務課)のが現状だ。

 県庁敷地内で暮らす野良猫の対応にも苦慮する山梨県にとって、頭の痛い話だ。



~転載以上~



★関連記事


山梨県庁の野良猫 あす捕獲・去勢へ 県が愛護団体と実施


山梨県庁ネコ捕獲大作戦 野良猫“捕獲作戦”スタート 去勢・避妊へ



経費は愛護団体が負担…なんですね。。

にゃんこたちにお家が見つかるといいですね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR