小田原で野良猫・犬専門病院開業(神奈川)

産経ニュースからです。

http://www.sankei.com/region/news/161225/rgn1612250005-n1.html


2016.12.25 07:00更新

平野亜矢子さん、小田原で野良猫・犬専門病院開業 神奈川

■「不妊手術で救える命多い」


 野良猫や保護犬を専門に診療する「Swingどうぶつ病院」を4月、古里の小田原市に開院した。手掛けるのは主に、繁殖しすぎて殺処分される犬猫を減らすための不妊手術だ。この半年間、県内や静岡県からボランティアらが持ち込んだ600匹以上を手術し「想像以上のペース」と驚く。農林水産省や環境省によると、こうしたクリニックは全国でもまだ珍しい。


整形外科医の父の影響で医学に興味を持ち、小学校で動物の飼育係をした経験から、卒業アルバムに将来の夢を「獣医師」とつづった。ただ動物福祉に関心があったわけではなく、大学時代は解剖学研究室に所属。当時は年間40匹の犬を使う解剖実習も「必要なことだと割り切っていた」。


 獣医師になって2年目の平成20年、「自分がやりたいことは何か」と進むべき道に思い悩んだ。見聞を広めようと見学した犬猫の一時保護施設で、医療を十分に受けられずに殺処分される現実を目の当たりにし、強い衝撃を受けた。昨年、動物愛護団体が鹿児島・徳之島で行った猫の一斉不妊手術に参加し、手術を必要とする猫がどれほど多いかを実感した。「病気の治療よりも救える命は多い。特化した獣医師がもっといても良い」と開院を決めた。「社会的な理由で命を落とす動物を減らしたい」と目を輝かせて語る。


 同じ研究室出身で、上野動物園で獣医師として働く夫(35)、「わんわんのお医者さんになりたい」という長男(5)との3人暮らし。34歳。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR