「犬猫殺処分ゼロ目指す」 茨城県会自民会派が条例案

産経新聞からです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00000023-san-l08


「犬猫殺処分ゼロ目指す」 茨城県会自民会派が条例案

12/18(日) 7:55配信


犬、猫の殺処分を根絶しようと、県議会最大会派のいばらき自民党が「県犬猫殺処分ゼロを目指す条例案」をまとめた。他会派にも呼びかけ、開会中の県議会第4回定例会に共同で提出する。いばらき自民党や県によると、成立すれば「犬猫殺処分ゼロ」に特化した条例は全国初だという。(上村茉由)



県生活衛生課によると、平成27年度に県動物指導センター(笠間市日沢)に持ち込まれ、殺処分となった犬は1279匹(全国ワースト2位)、猫は2333匹(同12位)だった。犬、猫を合わせて2万5776匹が殺処分された4年度以降は減少傾向にあるが、17~24年度には8年にわたって犬の殺処分数が全国最多だった。

24年9月の動物愛護法改正を受け、県は25年に「動物愛護及び管理に関する条例」を改正した。猫の屋内飼育や犬の譲渡推進などを盛り込み、動物の適正飼育を推進する狙いがあった。県独自に動物愛護月間も定め、啓発活動なども行ってきた。

いばらき自民党は、現在の条例だけでは「犬猫殺処分ゼロ」は難しいとして、昨年9月にプロジェクトチームをつくり、勉強会や関係団体との意見交換、パブリックコメントなどを行い、準備を進めてきた。

党県連の森田悦男政調会長は「殺処分数が多いと、県のイメージとしてもよくない。入り口対策で、センターに持ち込まれる数を減らすのが狙いだ」と話す。

条例案の前文で「県、市町村及び県民が一体となって、犬や猫の殺処分ゼロを目指す」と明記。罰則規定は設けないが、県や飼い主の責務を明確化した。

飼い主への知識の普及啓発、販売者への指導などを県の責務とした。飼い主には犬や猫の寿命まで飼育することのほか、不妊・去勢手術を行い、飼育者を明示するマイクロチップの装着なども求めている。販売業者には命が尽きるまで飼えない人に販売しないよう求めた。

施策を実施するための財政上の措置として、基金の設置や、ふるさと納税を活用して寄付金を募集することも盛り込んでいる。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR