あなたはサーカスの動物たちがどんな扱いを受けているか知っていますか?…トラたちの物語。

ANIMALiveからです。

http://animalive.me/movie/do-you-know-if-you-are-receiving-any-treatment-of-circus-animals-the-story-of-the-tigers


あなたはサーカスの動物たちがどんな扱いを受けているか知っていますか?…トラたちの物語。

2016-12-13


あなたは、サーカスで芸をしている動物たちが、普段どんな風に扱われているか知っていますか?


今回は、その一例を紹介しましょう。


最近You Tubeに投稿されたある動画は、トラがなぜサーカスにいるべきではないかを示しています。


トラをめった叩き!

動画はこちら






10月25日に公開された動画で、トラが女性の調教師に飛びついた映像が配信されました。その女性の調教師は、トラを追い払おうとムチでトラの顔を叩き、さらには別の男性調教師もトラをムチでたたくのに加わりました。


この叩き続けられたトラは、2歳になる「ガンジー」と名付けられたトラでした。

幸いにも、トラに襲われたヴィンセント・ページスさんは軽傷で済みましたが、子供たちにショッキングな光景を見せてしまいました。


「トラは、とち狂ったわけではありません。トラは単純に、「トラ」なんです。」と、動物保護団体顧問弁護士のレイチェルさんは語ります。


Big Cat Rescue(BCR)所属のバスさんはレイチェルさんの言葉を裏付けます。

「単純に、ページスさんがスキを見せたんですよ。彼女は、トラが襲ってきた時に倒れてしまいました。彼女が倒れた瞬間、トラにとってはいつもと違う感覚になります。ガンジーの本能が呼び覚まされたんです。彼は、狩りのように感じ始めたか、それともただ単純に、ページスさんが遊んでくれていると思っただけかもしれません。」


多くの調教師が、人道的に大型の動物を扱っていると主張しますが、動物たちの本能はそんなことを不可能にします。ライオンやトラのような大型の猛獣は、叩かれたりや脅されたりといったようなことを人間がしない限り、コントロールすることはできないとバスさんは証言しています。


サーカス1 source:


「調教師が言うような、人道的なものではありません。動画でも、女性を助けようとしてですが、明らかにトラをめった打ちにしていました。人間の命は確かに大事ですが、トラの命も大事なのです。」と、バスさんは言及します。


レイチェルさんは、「調教師は、常にムチや棒をもって、恐怖を利用した方法で、動物たちを調教しています。」と別に証言します。


サーカス2 source:


他にも、動物たちがサーカスで見世物にされるために、非人道的に扱われる例はあります。

例えば、今回トラに襲われた調教師、ページスさんがメインを務める猛獣ショーでは、自然ではありえないタイプの、サーカスや観賞のために人工的に品種改良されたホワイトタイガーが出演します。


この種のホワイトタイガーは、ほとんどの個体が寄り目に生まれ、肝臓問題、外部奇形、早死といった、様々な健康問題がついて回ります。


サーカス3 source:source:


さらに、BCRの調査では、調教の時以外でも、動物たちは過酷な環境に置かれています。

ページスさんの以前の雇い主の証言では、サーカスの動物ショーの準備中、トラたちは駐車場に臨時で作られた、小さな檻の中に閉じ込められ、放置されています。トラは泳ぐのが大好きな生き物ですが、水の用意はありません


調教師たちは、サーカスは1週間も続いているにも関わらず、トラ用の施設をこれ以上充実させる時間はないと主張しています。


サーカス4 source:source:


バスさんはさらに、「トラだけの問題ではありません。トラが女性調教師を襲ったとき、男性調教師はドアを開けっぱなしにして檻に入りましたよね。もしもトラが外に出てきていたら、子供たちはどうなっていたと思いますか?トラは簡単に檻から出て、人間を襲っていた可能性だってあったんですよ。」と言います。


人間が猛獣を使ってショーをしようとする限り、今回のような事故は続きます。トラにとっても、冷たい折の中でムチに怯えながら暮らすなんて、残酷なものです。」とレイチェルさんは強く主張します。(thedodo


華やかに見えるサーカスの舞台裏では、猛獣たちは非人道的な扱いを受けているんですね。これは、さすがに私も、サーカスに行く気がなくなります。そもそも、動物は人間よりも格下だという価値観自体が、間違っているんでしょう。動物が、ちゃんと動物らしく生きていける社会がくれば、素晴らしいです。



~転載以上~



サーカスサーカス関連過去記事


あなたはそれでも行きますか?動物虐待を訴える非営利団体が捉えた残酷なサーカスの実態に胸が詰まる


子供をサーカスに連れていかない3つの理由



ホワイトタイガーについてはこちらをご参照ください。


ホワイトタイガー、雄にかまれ死ぬ とべ動物園 と ホワイトタイガーを繁殖すべきでない理由




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR