【署名】「鶏のケージ飼育を止めてください」

アニマルライツセンターからです。

http://www.hopeforanimals.org/animals/tamago/00/id=488


【署名】「鶏のケージ飼育を止めてください」

2016/11/24

201611241916_1.jpg
(写真は2016年の日本の養鶏場)

署名
鶏のケージ飼育を止めてください

https://goo.gl/btpzZE


生産効率を優先し、過密状態で鶏を大量に飼育する「工場」の中で、鶏たちは苦しみ、絶望の中で短い一生を過ごします。この工場の中で鶏たちは感受性のある生物としてではなく、製品に近い扱いを受けているという実態があります。

「物価の優等生」と言われ1960年代からその価格の変わらない卵の安さの裏で鶏たちは多大な犠牲を強いられています。
わたしたちは、こういった残酷な飼育方法はなくしていかなければならないと考えています。
この署名は、バタリーケージ飼育の卵を扱う企業やスーパー、飲食店に提出します。
また、国や自治体の政策を司る機関へ、国民の意見として届けます。

バタリーケージ飼育とは写真のように、ワイヤーでできたケージの中に鶏を入れて飼育する方法のことです。周りをすべて金網で囲まれ、ケージの中には、巣も止まり木も砂浴び場も、たった一本の藁すらもありません。卵が転がりやすいよう、ケージは傾斜しています。 鶏1羽あたりの面積は20cm×20cm程しかありません。
2014年時点で、日本の採卵養鶏場の92%以上(*)が、このバタリーケージ飼育をおこなっています。
 
ヨーロッパではすでにこのバタリーケージは禁止、アメリカでも6つの州で禁止が決まっています。
海外では、マクドナルド、スターバックス、ウォルマートなど誰もが知る大手企業がケージ卵の廃止を発表し、年を追うごとに、この動きは加速しています。
アメリカでは、トップ25の小売店がすべて10年以内にケージ卵の廃止を約束しています。
世界で5番目に大きいレストラングループAlsea、カナダ、ラテンアメリカ、中国などに企業展開しているメキシコ最大手の製パン企業であるグルポ・ビンボ、世界最大手のクルーズ客船運航会社カーニバル・コーポレーション、世界最大級のホテル企業ヒルトン・ワールドワイドなど、さまざまな分野で多くの企業がケージ卵の廃止を発表しています。
 
いっぽうの日本ではこういった動きはほぼ皆無と言ってもよい状況です。
この状況を打開し、拘束下で苦痛に耐えている鶏を助けるために、「ケージ飼育の卵を食べたくない」という皆さんの声が必要です。
 
賛同と、署名周知のご協力を、よろしくお願いします。
 
 
*2014年畜産技術協会 飼養実態アンケート調査報告書
http://jlta.lin.gr.jp/report/animalwelfare/index.html



~転載以上~



鳥関連リンク


卵-たまご(アニマルライツセンター)


【署名あり】日本の採卵鶏の98%が使用するバタリーケージ「バタリーケージは、ニワトリの生き地獄」



鳥関連過去記事


日本も卵10個500円の時代がくる? ケージフリー・エッグが世界を席巻中


マクドナルドもウォルマートも、米食品業界がこぞって切り替え、平飼い卵が業界標準に




鳥100%ケージフリーへの転換を発表した大手企業(主にアメリカにおいて)


cagefreefuture.com








マクドナルド、ネスレ、デニーズ、コストコ、サブウェイ、スターバックス、バーガーキング、ユニリーバ、ケロッグ、ウェンディーズ、ダンキンドーナツ、ヒルトン、マリオット、セブンイレブン、クリスピークリームドーナツ…


そしてディズニーも、年内に米国内のテーマパークおよびクルーズ客船において使用されている卵を100%ケージフリーへ転換すると発表しています。




日本でもおなじみの企業が多数あります。


でも、日本のスーパーでは平飼い卵を見つけるのはまだ難しいですね…見かけたのは数えるほどです。


価格や健康面ばかりに気を取られず、動物たちの飼育環境にもっと関心を持ち、配慮する姿勢が浸透してほしいと思います。


欧米の流行や話題を取り入れることは盛んでも、どうも動物愛護に関しては、(毛皮や動物実験等についても)なかなか流れに乗る気配のない日本。全体として、動物の権利についての関心が薄いように思います。。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR