◇明暗を分けた部屋◇

17歳になる私の大切な愛猫にも、先月腫瘍が見つかりました。

 

年齢は年齢なのですが、やはりショックでしたし、いつか来てしまう「その日」を意識してしまい、また今後どうなっていくのか怖くもあるのですが…それでも起こることをすべて受け止め、なるべく不安な顔をしないように、できる限り苦痛を減らしてあげられるように、最後まで精一杯寄り添おうと思っています。

 

生き物ですから、当然病気にもなります。シニアになればなおさら…うちの子も以前から腎臓が弱く、甲状腺の薬も飲んでいます。

 

共に病と向き合い、傍に寄り添い抱きしめてくれるはずの飼い主に見捨てられ、一人ぼっちでこのような場所で命絶たれるなんて…あまりにかわいそうでやりきれません。

 

その手で迎えた命を生涯愛し、最後まで責任を持つべきで、それができないならばはじめから迎えるべきではないと思います。

 

 

◇モカ◇さんより。


◇明暗を分けた部屋◇

http://ameblo.jp/no-fur-no-fur/entry-12216670908.html



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR