このままじゃ殺処分 54匹の猫 飼い主が苦情で退去 北海道

北海道新聞からです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00010001-doshin-hok


このままじゃ殺処分 54匹の猫 飼い主が苦情で退去 北海道

10/29(土) 11:00配信


sunagawatatou.jpg

10月中に引き取り先が見つからなければ殺処分される猫たち



飼い主探して奔走

 北海道砂川市内の賃貸住宅で飼われてきた大量の猫が、飼い主が今月末で退居となるのに伴い、行き場を失っている。飼い猫は54匹で関係者が引き取り先探しに奔走しているが、なお30匹近くの譲渡先などが決まっていない。このままだと殺処分を免れず、動物保護ボランティアらは新たな飼い主などを探している。

保健所でも預かれず

 関係者によると、近隣住民から排せつ物などによる異臭の苦情を受けた大家と飼い主が話し合い、自主退居することになった。全ての猫を飼える転居先が見つからず、滝川保健所で預かれる数ではないことなどから、退居までに引き取り手のなかった猫は殺処分されるという。

 空知総合振興局は「見過ごすわけにはいかない」と10月中旬、個人で動物保護のボランティアをしている滝川市のこぼりまみさんに引き取り手探しを依頼した。これに呼応し、砂川市も引き取り希望者を受け付ける臨時窓口を設けた。


「天寿を全うさせたい」

 28日午前までに20匹の新たな飼い主が見つかり、猫の保護活動をするNPO法人「猫と人を繋(つな)ぐツキネコ北海道」(札幌)が5匹を預かり譲渡先を探してくれることになった。残る約30匹は1~15歳で「おとなしく、人になれた猫ばかり」(こぼりさん)という。

 こぼりさんは「11月以降にも新たな飼い主を探すため、猫を保護する場所を貸してくれるだけでも構いません。猫の本来の寿命を全うさせてあげたい」と話している。(和賀豊)



~転載以上~



NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道さんブログ

http://ameblo.jp/tsukineko-hokkaido/


NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道さん FB

https://www.facebook.com/tsukinekohokkaido/

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR