生きたまま熱湯の鍋で茹でられるグレイハウンド 欧州のレース犬が中国で食用に

中国の市場で、一匹のグレイハウンドが生きたまま釜茹でにされる様子を撮影した動画が中国のインターネットに投稿され、イギリスメディアが取り上げるなど世界中に衝撃を与えています。


また、イギリスおよびアイルランドでレース犬として利用されたグレイハウンドが、中国へ運ばれ悲惨な末路を辿っているという事実が明らかになってきました。



英デイリーミラーより要約、翻訳。


Defenceless dogs scream in agony as they are boiled ALIVE for sick trade in meat


↑↑記事元に動画があります(※閲覧注意※)



中国河北省・石家荘市の市場で撮影されたという動画(撮影者・撮影日時は不明)には、3人の男性がグレイハウンドを生きたまま熱湯の窯へ放り込み、2人がかりで蓋をして押さえる様子が映し出されています。


犬は恐怖に怯えて鳴き、窯から必死で逃げ出そうとします。


恐怖の表情で見つめる1人の少年を除き、周囲の大人たちは皆笑いながらその様子を眺めています。



以下、画像になりますが、こちらも閲覧注意です。













greyhound boiled alive1


 greyhound boiled alive2


greyhound boiled alive3 


greyhound boiled alive5 


greyhound boiled alive4



保護活動家らによると、少なくとも年間1000万匹の犬(多くは盗まれたペット)が食用にされているという中国。


「苦しめるとアドレナリンが出て、肉がより美味しくなる」と信じられているため、業者は犬たちをできる限り残酷な方法で殺します。


犬肉問題の解決を目指す団体のミシェル・ブラウンさんによると、詳細は不明なものの、このグレイハウンドはかつてレース犬で、元々はアイルランド生まれではないかとのこと。


イギリスを拠点とするグレイハウンドの保護団体「ケージドNW」は、アイルランドから極東への犬の輸送ネットワークを発見しました。


「ケージドNW」のリタ・ジェームスさんは、アイルランドだけではなく、イギリスからも犬が持ち込まれている可能性があると言います。


「現在、レース用に繁殖されたグレイハウンドを保護する法律はなく、登録抹消された犬のトレーサビリティーは確立されていない。


これは、犬たちが闇に消え、恐ろしい方法で命を絶たれている可能性を示している。

ドッグレース界は、レース用に繁殖されたすべてのグレイハウンドについて、ゆりかごから墓場まで責任を持つべきだ」。



中国ではこうした動物虐待行為が多発しており、今回の動画はそのひとつにすぎません。

今年1月には、同様に熱湯の鍋で生きたまま茹でられ、必死で逃げだそうとする犬の姿をとらえたものや、意識のあるままバーナーで焼かれ毛皮を剥がれる犬の姿をとらえた動画がネット上に投稿されています。



以下も閲覧注意です。














Dogboiled alivemirror




同国には動物虐待を取り締まる法律がなく、人々は罰を恐れることなくこうした行為を行うことができるのです。


動物園では牛やヤギ、鶏などが、餌として生きたまま猛獣に与えられ、来園者が人だかりを作り、またサーカスにおける動物の扱いについても問題視されています。


ブラウンさんは、「中国政府が法整備をするまで声を上げ続ける」と話しています。



RSPCA(英国王立動物虐待防止協会)は8年間に渡り、中国当局や地元の動物愛護団体と連携して、動物虐待防止法の策定に向けた取り組みや、学校における啓発プログラムを実施しているとのことです。



★関連記事


英サン

FRIENDS OR FOOD? After the video of a greyhound being boiled alive shocked the world, why is dog meat considered a delicacy in China?


英デイリーミラー
Voice of the Mirror: End the appalling torture of dogs being boiled alive



★参考記事


消えた7000頭のグレーハウンド。イギリスにおけるドッグレースの暗い闇


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR