「毛皮製品を譲って下さい」というキャンペーン。その画期的な使い道が素敵すぎる!

BUZZmagからです。

http://buzzmag.jp/archives/86963?utm_source=Facebook&utm_medium=FBpage


「毛皮製品を譲って下さい」というキャンペーン。その画期的な使い道が素敵すぎる!

2016/09/27 


アメリカの野生動物愛護団体 『Born Free USA』が行っているキャンペーン 『Fur for the Animals』では、2014年より毎年、毛皮製品の寄付を募ってきました。

 
このキャンペーンの開催には、二つの大きな目的があります。

ひとつは、何らかの事情で両親と一緒にいられない動物の赤ちゃんたちに対し、母親のようなぬくもりと安心感を与えること。

squarrel_r

キツネの古い毛皮の中で丸くなるリスの子どもたち。

安心している様子が伝わってきますね。

 
団体の最高責任者であるアダム・ロバーツさんは語ります。

「キャンペーンを開始して以来、世界中からコートやスカーフ、帽子など数多くの毛皮製品が届けられています。


品物には、感謝の手紙が添えられていることも多いです」

 
親族などから動物の毛皮を受け取ったが、着る気がおきず、かといって誰かに売るわけにもいかず…。

そうした葛藤を抱えていた方にとって、このキャンペーンは心の救いとなっているようです。

letter_r

「これは1972年頃に購入されたものです。


キツネの毛皮だと知り、着ることができませんでした。

ぜひ有効活用してください」


そしてもうひとつの目的は、毛皮製品の需要と供給を減少させるべく、このキャンペーンを通じて社会に警鐘を鳴らすことにあります。

世の消費者が、少しずつでも「ファッションとしての毛皮」に関わりたくないと思うようになれば、キャンペーンは成功です。


だからこそ、我々は不買を喚起するだけではなく、すでに購入された毛皮についても「野生動物保護のために活用する」という解決策を提示しているのです。

oppossum_r

rabbits_r

fur_r

 
団体のもとには、すでに800点の毛皮製品が集まりました。

 
金額に換算すればおよそ150万ドル。

そのために、少なくとも2万7000頭もの動物たちが命を奪われた計算となります。

 
このキャンペーンを通して、人々の自然愛護の意識が、より高まっていくことを期待したいですね。

『Fur for the Animals(動物たちに毛皮を)』キャンペーンについて

2016年は9月21日から12月31日まで受け付けており、寄付の方法は個人が直接団体に持ち込むか、以下の住所への郵送とのこと。

Born Free USA, 2300 Wisconsin Ave. NW, Suite 100B, Washington, D.C. 20007





関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR