マーク・チンさん アジアの犬肉産業を記録する旅 なぜ犬肉取り引きは禁止されるべきか

アジアにおける犬肉産業の実態を潜入調査・記録し、犬たちを救い続ける活動家、マーク・チンさん。アメリカ議会での公聴会を前にした今月初め、発表への準備のために再びアジアを訪れました。


順番が前後してしまいましたが…ご紹介したいと思います。


チンさんのFBより翻訳。

https://www.facebook.com/marcching



今回の旅では、韓国、カンボジア、フィリピンなどを訪問しました。


下の動画の子はチンさんに救出された子で、チンさんは「この子を見れば、なぜ犬肉取り引きは禁止されるべきかがわかるだろう」と書いています。


※ぼろぼろになった姿が映ります。





こちらは、1日およそ50匹の犬を虐待、屠殺してきたある屠畜場の閉鎖に成功した瞬間。チンさん自ら重機で施設を取り壊します。




20年前からこの屠畜場で犬をさばいてきた男性は、生活のために2人の娘に売春をさせてきたとのこと。


犬の屠殺について、「自分がひどいことをしているのはわかっているが…犬たちを苦しめながら、自分の中では平気だった」。


チンさんは、彼の家族や生活のことも考え、「ほとんどの人はあなたを許さないだろうが、私は許そう。あなたも、自分自身を許してほしい」と声をかけました。


(チンさんからはいつも、怒りや憎しみではなく、愛や慈悲、思いやりといった姿勢を感じます。。)




フィリピンでは、またひとつ、辛くやりきれない場面に直面しました。


ある屠畜場を後にしようとしたとき、どうやって生き延びたのか…釜茹でにされたのか、皮を剥がれた状態の一匹の犬が立ち上がってこちらへ歩いて来て、「助けて」と訴えるかのように鳴きました。


これもまた、犬肉取り引きが禁止されるべき理由がよくわかる現実です。

チンさんは、「私たちは人として、このようなことをやめるべきだ。沈黙せず、声を上げなけれればならない」と話しています。



※以下、かわいそうな姿の写真、動画があります。









Philippinesdied.png






すぐにこの子をカンボジアの協力病院へ搬送しましたが…獣医師はこう言いました。


「彼女を助けたい君の気持ちは痛いほどわかるが…安楽死の措置を取った。とてもじゃないけれど、見ていられなかった」。


チンさんは、彼女が助かると確信していました。これほど何かが苦しむ姿を見たことのなかったチンさん、「希望で前が見えなくなっていたかもしれない」、「信じることが必要だった」と苦しい胸の内を綴っています。


彼女に名前を付けなかったチンさんは、それを罪のように感じていると言います。

自分が誰かわからぬまま死ななければならない、名前で呼ばれることのないままこの世を去らなければならない彼女を思い。。。




そのような中で、喜ばしい出来事もありました。


チンさんが今年4月に救出した「ジャスティス」ちゃんが、素晴らしい里親さんに引き取られました。


ジャスティスちゃんは、吊るされ、殴られ、さらに熱湯の鍋に投げ込まれたところを救い出されました。今もその首には、食い込んだ縄の痕が残っています。



14469703_10209274801900607_1475209485600500621_n.jpg




現在は、アメリカ・オレゴン州で新しい生活を送っています。



14358919_10209274801300592_1862263694110054236_n.jpg



14440876_10209283716723472_5237744801261396191_n.jpg


14462895_10209292187255230_2506096479679879518_n.jpg




胸の引き裂かれるような現実の中で、彼女の幸せそうな姿を見ると、救われる思いがしますね。。


こうして新たな生を歩むことができる子は、ほんの一握り…

アジア全体でなくしていくのは長い道のりかもしれませんが、一日も早く、拷問され殺される子がいなくなってほしいと思います。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR