「許しがたい出来事」 動物の遺棄放棄は犯罪です。

NPO法人猫たちを守る十勝Wishの会さんからです。

http://ameblo.jp/catcafewish/entry-12203218605.html



9.20~26は動物愛護週間ですが、
そのさなかの本日
とても残念で許しがたい事件がありました。




当会のナナメ向かいが十勝総合振興局、帯広保健所もはいっている建物です


通りかかりの方が閉庁している門の横にキャリーバックがあり
中を覗くと猫がはいっている
どうしたらよいか、と来店されました。



キャリーの上にはこのような手紙が添えられていました。
筆跡から年配者と思われます。

キャリーの中には
糞尿まみれの老猫が
不安げに入っていました

手紙の通り目がみえず
ふらふらしてでてきました

100歩譲って保健所が休みだったとしても
そのまま置き去りにする神経!
本当に許せません
いつまで経っても怒りが収まりませんでした。


バランス感覚がなく、すぐへたりこんでしまう老猫さん


爪 も延び放題で肉球に食い込んでいました。
あまり、手入れは去れていないように見えました

現在、当会も80匹近い保護猫がいる中、
運営も非常に苦しく
この先どうしたらよいか
本当にこまっています。



当会には日々、猫に関する相談が相次いであります。

無責任に餌やりをし野良猫が子猫を産んでしまった、
避妊去勢手術を怠り繁殖してしまった、
年齢的に飼い猫の面倒をみれなくなってしまった。
など、ほとんどが「年配者」の身勝手な相談です。
また「子猫がほしい」と平気で来店する70、80代(独居)の方もいます。



動物愛護週間ということもあり、今回の事件は警察、十勝総合振興局にも報告、
各新聞社にもとりあげていただき(動物の遺棄放棄は犯罪です。)
適正飼育、終生飼育について
記事にしていただいたいとお願いいしました。



いくら保護活動を頑張っても
このような人たちが減らないのでは
いたちごっこです。
怒り心頭です。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR