イギリス議会で犬肉問題の討論 英外務省「韓国に犬肉取り引きを禁止するよう圧力をかけていく」

以前より、有名人も加わって犬肉問題について議員への働きかけが続けられてきたイギリス。昨年11月には、議会で犬肉取引きについて初となる討論が行われました。


犬肉問題 英国議会で初の討論 大使館を通じて消費国に働きかけへ



そして今年、イギリス政府が設置している請願サイトに掲載された、「韓国政府に犬肉の取引を禁止させよう」というテーマに多くの署名が集まっていることをお伝えしました。


このサイトは、イギリス国民がいかなる制限も受けることなく、さまざまなテーマの請願を行え、共感した国民は署名することができるというもので、署名が1万人を超えると政府は見解を返答しなければならず、10万人を超えると議会で議論して結果を公開するという決まりがあります。


※この署名について、詳しくは過去記事をご参照ください。


韓国・犬食文化にイギリス人が嫌悪感丸出し! 政府運営の請願サイトで約9万2,000人が禁止訴える



請願の内容は、「韓国では毎年500万匹の犬が食用として殺されている」「1988年、韓国政府は国際的な非難から逃れようと“ポシンタン(犬肉スープ)店”を隠した。それから約30年が過ぎたが、韓国では現在も犬肉産業が盛ん」「国際オリンピック委員会(IOC)はなんの調査もせず、2018年平昌冬季五輪の開催を決定した」「イギリス政府はIOCと韓国政府に犬肉取引の禁止を求めるべき」というものです。


こちらの署名はその後、102,131人分が集まったため、今月12日に議会で討論が行われました。


★討論についてのページ(議会サイトより)

Debate on South Korea and the dog meat trade



当日、国会議事堂前には、賛同者や活動家、著名人などが集まりました。



CsJW2UeXYAAzHzi.jpg

BBC


CsJW2K_WgAAfXJL.jpg

HSI United Kingdom


14232631_10154625389256320_3816373590900606818_n.jpg

Madeline WarrenさんのFBより。映っているのは、俳優のピーター・イーガンさん


14364712_10154625380001320_497609428358524521_n.jpg

Madeline WarrenさんのFB


14333572_10154624075666320_7819757624545290738_n.jpg

Madeline WarrenさんのFB




討論の内容について翻訳、まとめました。


<記事元>


BBC

Ministers to press for South Korea dog trade reforms


Evening Standard

Britain should 'push South Korea to stop eating dogs', minister says



外務省のアロク・シャルマアジア担当大臣は、「私も家族も犬をこよなく愛しているし、キャメロン前首相も猫好きで、特に首相官邸の”ラリー”とよく写真を撮っていた。そこで私も…」と言いながら持参した愛犬の写真を見せ、いかに自身が犬好きであるかを示しました。


また「犬を愛する国民として世界的に知られ、犬と特別な絆で結ばれているイギリスは、他国に対して犬食をやめるよう求めることができる」とし、韓国における犬肉取り引きを禁止するため、英国政府はさらなる努力をするべきだと主張しました。


s216_alok.jpg

シャルマ大臣(英国政府サイトより)



CnPg_PtWYAA_Wn8.jpg

キャメロン前首相と”ラリー”(キャメロン氏のツイッターより)


猫参考記事


イギリスの首相官邸には「猫の公務員」がいる。キャメロン氏退陣後も職務続行



大臣は、「犬は国際的に保護されている生物種ではなく、また我々は、合法の元にその動物を食している国に対して行動を起こす権限はない。


法的な権限がないことはわかっているが、それでも私たちは、自分たちの考えを韓国政府へ伝え、現状を変えるよう求める努力をすることができると考えている。


動物を愛する我が国は、犬は食べ物ではなくペットであると強く訴えることができる」。



また、議長を務めたオリバー・ドーデン議員は、「東南アジアにおける犬の扱いについて大きな懸念を抱いおり、これについて英国民が憂慮すべきという考えに同意する。


また、「ミラー紙」が伝えた、イギリスからアジアへ持ち込まれた犬たちが犬肉産業の犠牲になっているという事実(※この件については、後日改めてお伝えします)は特に悲惨なもので、できるだけ早くい機会に適切な処置が取られるべきだ」と発言しました。



そして外務省は、請願に対して以下のように返答しました。


「ソウルの英国大使館はこれまで何度も、犬への残酷な行為について韓国当局に問題提起すると同時に、英国民および議会が犬肉取り引きの禁止を求めていることを伝えてきた。


2018年平昌冬季五輪の開催を控えていることもあり、今後も引き続き、問題提起する機会を探っていくとともに、この問題に関する進展を監視していきたい」。



★議会のサイトで討論の動画が見られます。

http://parliamentlive.tv/event/index/e5c0e472-edfa-421d-ad27-5b04760cdd5e



★関連記事(英デイリーミラー)


Britain launches fight to stop brutal dog meat industry in the Far East


Dame Judi Dench urges Boris Johnson to 'vigorously encourage' South Korea to end dog meat trade




一方、韓国の活動家、キム・ナミさんはこの討論を歓迎しながらも、駐英韓国大使が沈黙を貫いていることや、韓国内でこの討論についてあまり取り上げられていないことに落胆しています。現在までに、この件について報じられた記事は2つだけだそうです。(キムさんのFBより)

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR