業界初!動物看護師による「ペットの救急車」を10月1日より東京23区内限定でサービス提供を開始

BIGLOBEニュース(ドリームニュース)からです。

http://news.biglobe.ne.jp/economy/0912/dre_160912_7503786212.html


業界初!動物看護師による「ペットの救急車」を10月1日より東京23区内限定でサービス提供を開始します!

ドリームニュース 9月12日(月)10時0分


株式会社CARE PETS(ケアペッツ)(東京都千代田区神田岩本町1-1岩本町ビル6階、代表取締役 藤田英明 http://www.carepets.tokyo/ )は、2016年10月1日より、動物看護師によるペット(主に犬・猫)向けの「ペットの救急車」のサービス提供を開始します。

【業界初のサービス内容】
「ペットの救急車」は、「ペットの様子がいつもと違う。どうしたらいいか分からない」等、緊急時に動物看護師がご自宅まで駆けつけ、必要があれば動物病院への搬送や付き添いなどを24時間365日提供する業界初のサービスです。早朝や夜間帯、年末年始もサービスを提供しています。

【株式会社CARE PETS(ケアペッツ)とは】
高齢犬・高齢猫を対象に、動物看護師・動物介護士が、ご自宅に伺い、飼い主様に代わって訪問介護・看護・シッター事業を展開しております。動物の体や病気、薬、ケアなど専門的な知識を持った動物看護師が介護・看護・シッティングにあたることで、加齢に伴う、健康上の管理やデリケートな対応が求められる排泄介助・食事介助等のケアを行います。また、シッターサービスも動物看護師・動物介護士という有資格者のプロが行うので、これまで以上に安心してお預けいただいております。

【ペットの高齢化問題】
ペットを取り巻く環境は目まぐるしく変化しており、昭和58年の犬の平均寿命が7.5歳だったのに対し、現在は14.17歳と2倍近くになっています。「一般社団法人ペットフード協会」によれば、一般的にシニアと言われる7歳以上の犬が全体の55.3%、猫が47.4%を占め、犬・猫の高齢化率は50%近くまで進んでおります。


【エリアと価格】
エリア:東京23区内
価格 :緊急時の訪問 5,000円
(搬送料は別途10,000円)


<ペットの救急車>
24時間・365日、動物看護師が駆けつけます。
・いつもと様子が違う?
・食べ物を吐いてしまった、食べない
・苦しそうにしている
・どうしたらいいかわからない
夜間でも遠慮なくお電話ください。
TEL: 03-6206-8428
(緊急時:080-3490-2106 /東京都23区対応)


【お問い合わせ先】
株式会社CARE PETS 担当:石井英知
東京都千代田区神田岩本町1-1
岩本町ビル6階63号室
電話:03-6206-8496
メール:info@carepets.tokyo



~転載以上~



猫ケアペッツのサイト

http://www.carepets.tokyo/


petkyukyu.jpg



ドイツやオランダではすでに走っている動物(野生動物含む)のための救急車。

日本でも、広がるといいですね!



dutchambulance.jpg

オランダの動物専用救急車



★参考記事(Animal Rights For Japanさん


「オランダの動物救急車のための新しい資金集め」


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR