台風10号被災動物関連 南富良野で牛900頭孤立「牛を助けて」◆孤立集落、犬も避難

北海道新聞からです。(会員登録で全文読めます)

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0312000.html


南富良野で牛900頭孤立 台風10号

09/03 07:00


【南富良野】台風10号の大雨で空知川支流が氾濫し道路が寸断された影響で、上川管内南富良野町の公共串内牧場の牛900頭が孤立していることが2日、分かった。同町は牧場の近くを走る道東自動車道を使って救い出そうと、東日本高速道路に協力を要請した。


 牧場は南富良野など5市町村でつくる富良野広域連合が運営。畜産農家から肉牛と乳牛を5~10月に受け入れて放牧している。


 広域連合によると、牧場につながる道道の橋が大雨で崩落し、道路も3カ所で損壊。敷地内の沢も氾濫して放牧地が分断され、牛が身動きできない状況になった。飲み水が不足するため、「2週間以内に救出しなければ、牛の生命が危険にさらされる」という。



~転載以上~



以下、NHKニュースです。

https://www.youtube.com/watch?v=SeSWb_QyM7o


牧場も孤立 牛900頭の飲み水確保できず 北海道 

台風10号の被害を受けた北海道南富良野町では、およそ900頭の牛を飼育する牧場が孤立し、水が十分に確保できない状態になっていて、牛に沢の水を飲ませるなど対応に追われています。


富良野市など5つの市町村が共同で運営する、南富良野町落合地区にある「公共串内牧場」では繁殖のため、毎年5月から10月まで農家から乳牛と肉牛を預かって飼育しています。


牧場は、台風10号で周辺の道路が被害を受けて通行止めとなり、孤立した状態になっているうえ、水の配管が壊れて、飼育しているおよそ900頭の牛の飲み水を十分確保できていないということです。


このため、4日は職員が牧場まで歩いて入り、牧場内を流れる沢に牛を連れて行って水を飲ませるなど対応に追われています。牧場によりますと、牛は放牧されていて牧草を食べているため、餌の心配はないということです。


南富良野町によりますと、牧場の周辺の道路の一部は早ければ、今週中にも車が通れるようになるということで、牧場は安全が確認できれば、牛を運び出し、農家に返すとしています。
南富良野町の池部彰町長は「孤立した状態が長引くと牛が心配だ。できるだけ早く農家に牛を返してあげたい」と話していました。





池部町長は国交相に、「牛を見殺しにしないよう、救出してほしい」と涙ながらに訴えられたそうです。。



★関連記事リンク(朝日新聞)


孤立集落、救助本格化 避難に応じぬ住民も 岩手・岩泉


家族同然の牛を心配し、孤立した自宅へ戻り牛のお世話をされた農家さんも。。




以下は時事通信より。

http://www.jiji.com/jc/p?id=20160904175605-0022261914


孤立集落、犬も避難

0022261914.jpg


台風10号による大雨の影響で孤立した集落から、陸上自衛隊のヘリコプターに乗って避難してきた川上定雄さんと飼い犬のラッキー。「急な避難だったので、こいつだけ連れて来た」と川上さん=4日午前、岩手県岩泉町【時事通信社】


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR