密猟でアフリカのゾウ激減 あちらにもこちらにも死体

BBC JAPANからです。

http://news.line.me/issue/oa-bbcnewsjapan/1jia0aqzsv7tt?utm_source=Facebook&utm_medium=share&utm_campaign=none&share_id=RtW72807186687


密猟でアフリカのゾウ激減 あちらにもこちらにも死体


09.02 16:19


アフリカ全土の上空からゾウを数える初の試みで、ゾウの数が激減していることが確認された。上空から見下ろすと、ゾウの死体があちこちに点在しているのが分かるという。マイクロソフト社の共同創業者ポール・アレン氏が700万ドルを出資した調査事業「グレート・エレファント・センサス」の担当者たちは、2年間かけてアフリカ18カ国の上空を50万キロにわたり飛び続けて地上のゾウを数えた。「2007年以来、アフリカは14万4000頭のゾウを失った。原因は主に、象牙目当ての密猟だ。毎年3万頭近いゾウが死んでいる」と調査を主導したNGO「国境なきゾウ」のマイク・チェイス博士は言う。この減少ペースでいくと、今後9年間で残るアフリカゾウ推定35万頭は半減するおそれがあるという。アジアの象牙需要に応えるための密猟が最も深刻なタンザニア、モザンビーク、アンゴラでゾウが激減する一方、危険を察してかボツワナに「避難」するゾウの数が、環境に負担をかけるほど増えている。ボツワナには現在、アフリカ大陸のゾウの4割以上が集中している。しかしアフリカ特派員のアラスター・リースヘッド記者は、今やボツワナも密猟者に狙われていると報告する。



出典:YouTube

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR