平成26年度全国での犬猫の殺処分数まとめ

保健所犬猫応援団さんからです。

http://ameblo.jp/shelterdog-sheltercat/entry-12195183517.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----shelterdog-sheltercat_12195183517





環境省発表の平成26年度全国での犬猫の殺処分数をまとめました。

21,593匹
79,745匹
合計101,338匹



※環境省のページからの注意事項
殺処分数には、幼齢個体などの保管中の病気等による自然死も含まれる。



殺処分数を都道府県別に集計致しました。

※下記データグラフは手入力にて集計作成致しております。過誤がある場合もあります。あらかじめご容赦下さい。

都道府県別の殺処分数は、人口、飼育数や収容頭数などで条件が変わります。、一概に数で判断すべきものではありませんが、環境省発表のものは、都道府県別に集計されておりませんので、ご自分の住まう地域を考える資料としてご参考下さい。





o1370062213736106418.png




明日の命を繋ぐ、一番の手立ては、収容された犬猫が新たな飼い主、里親さんに巡り合えることです。環境省発表のデータから、譲渡率と殺処分率のグラフを作成させてただきました。






全国の都道府県別譲渡率と殺処分率
環境省資料より

o1411088613736119804.png
一番に、赤の棒線は身よりの無い犬猫が収容された場合の、殺処分率です。赤が高ければ高いほど、罪無く処分されてしまう可能性が高くなります。



考えて下さい。



収容されて殺処分になる確率90%以上!!



青い棒線は、譲渡率、命が繋がり、新しい明日が開ける可能性です。


いかに譲渡されることが大切か!
明日の命を繋ぐには譲渡促進、保健所からの選択肢を!!




※前記の様に、都道府県別に、大きな開きがあります。保護団体さんのご尽力は主に、都市部、全国的には網羅されている訳ではありません。そういった意味でも私たち一人一人が、大切な命を考え、行動する必要があるのです。


前記の様に条件等が異なりますが、譲渡数が多い事はそれだけ命が繋がっている事です。
ランキングは適切ではないですが、譲渡率も含めてご参考までに




譲渡数

1. 北海道 3,225匹
2. 広島県 2,634匹
3. 千葉県 2,105匹
次点、神奈川県、愛知県、熊本県


譲渡率





1. 神奈川県 67.44%
2. 岡山県 62.29%
3. 北海道 62.25%
次点、長野県、埼玉県、栃木県

環境省のデータを基に集計させていただいておりますが、集計に関して各都道府県により条件の差もあります。また、集計誤差も鑑み、あくまで、ご参考資料とお考え下さい。

日本から罪無き殺処分が無くなることを心より願っております。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR