老犬と高齢者の第二の人生を応援!ドイツで始まった画期的な里親プロジェクト

ツナヨシからです。

http://tsunayoshi.tokyo/c/1d1638e8cb00607e5dce902e589fcc22b2f711d8


老犬と高齢者の第二の人生を応援!ドイツで始まった画期的な里親プロジェクト

2016年8月21日


ドイツのミュンヘンで新しい里親プロジェクトが始まりました。その名もシニア・フォー・シニア(ドイツ語ではSenioren für Senioren)。一体どのような里親プロジェクトなのでしょうか?



シニア・フォー・シニアとは?


www.merkur.de


ドイツでは犬を飼う時、ペットショップから犬を購入するのではなく、ティアハイムというアニマルシェルターから犬を引き取ることが多いです。

多くの犬たちは新しい里親が見つかるとすぐにティアハイムを抜けていきますが、なかなか新しい里親が決まらないのが病気を持った動物や年老いた動物たちです。

一方でいくら動物に深い愛情を持ち、一緒に暮らしたいと願っていても自身が高齢のため犬と暮らすことを諦めなくてはならない人たちもいます。ティアハイムでは年齢制限を設けているところが多く、70歳を超えるとその制限に引っかかってしまいます。

今までずっとペットと暮らしてきた人にとっては、ペットなしの生活はどんなに色あせて感じることでしょうか。歳を取れば歳を取るほど、そう感じてしまうものです。

そこで、立ち上げられたのがこのプロジェクト「シニア・フォー・シニア」なのです。

高齢の犬を高齢者が引き取るというプロジェクトです。孤独に暮らしている高齢者にとって、また高齢の犬にとっても新しいパートナーが見つかることは双方にとってとても良い効果をもたらすとされています。

特に高齢者の場合、家に引きこもりがちになるところを、犬がいれば散歩の理由にもなりますよね!近所の方とのコミュニケーションのきっかけとしても良さそうです。



マッチングの後のサポートも充実!


ただし、問題もあります。例えば高齢の飼い主が病気になった場合、誰がペットをお世話するの?という疑問もあるでしょう。また、高齢の犬も病気とは無縁ではありません。

このプロジェクトはマッチングを行い、新しい飼い主を見つけたら終わり・・ということではなく、その後のサポートにも努めています。

高齢の犬と高齢者が暮らしていく上で、このサポートは不可欠であり、それなしにはどんなに理想的な考えも失敗に終わってしまうでしょう。

もし老犬に治療費が必要な場合は、それを手助けすることもあるようです。そしてその費用の多くは寄付によってまかなわれています。 

若い犬には若い犬の良さがあるように、老犬には老犬の良さがあります。若い犬に比べ、落ち着いた老犬たちは、飼い主の生活にそっと寄り添ってくれることでしょう。

日本でもいつかこのようなプロジェクトが発足すればよいですね!

参照:Neues Projekt: Ältere Hunde für ältere Menschen


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR