米ニューヨーク州で新しい法が施行 実験に利用した犬猫を処分せず譲渡へ

ひかたまさんからです。

http://shindenforest.blog.jp/archives/65086647.html



またニューヨークで新しい法律が今週から施行されました。

研究機関などで実験に使われた犬や猫は、
「処分」することなく
里親を探すことになりました。


nydogs.governor.ny.gov


東京都の小池百合子新都知事が、
「ペット殺処分ゼロ」を政策方針に掲げたように
各地で
少しずつ動物を考える政策が出てきています。

ニューヨーク州では、
いままでは実験動物は利用後に安楽死されるケースが多かったようです。

でも
いまは、
しっかりとしたケアの元で
第二の生を始められることになります。


実験に使われ続けた動物は、
いままで太陽の光も浴びることなく、
すべてに対して恐怖心を持ってしまっています。

これらの心のケアも
かなりの労力が必要になります。

幸いニューヨーク州の場合には、
しっかりとした動物保護団体などによる
譲渡システムがあるようです。

ビーグル・フリーダム・プロジェクトの喜びの声がSNSに載っています。
beagle11Facebook



こちらはエリーちゃん。
実験動物から解放されたビーグル犬です。
baagle22
Facebook/BeagleFreedomProject

こんな可愛い動物たちが
もう安楽死されることが無くなるのはとてもいいことです。

実験に動物を使うこと自体
いまは不必要とされて、
減ってきていますが、
いまだに行われているのが現状です。

動物の立場に立った法律は
他の州、そして他の国にも広がっていく動きだと思います。


~転載以上~



★参考過去記事


檻しか知らなかったボクが芝生を歩いた日


マイリー・サイラス 元実験犬ビーグルを家族に迎える


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR