子猫をなぜ虐待したのか(写真は記事とは関係ありません)

写真拡大

子猫を生きたまま焼き殺し、フェイスブックにその動画を投稿したとして、神戸市在住の無職の女(31)が兵庫県警に逮捕された。警察への通報から4か月も経っていることから、ネット上などで様々な憶測が流れている。


あまりにも残虐なため、動画は、2016年4月に投稿されてから、ペット愛好者らの怒りを買っていた。

「どこまで殺せる? え~と、人間まで」

動画を見ると、容疑者の女は、自分が飼っていたスコティッシュフォールドの子猫をつかんで逆さ吊りにし、「目が腫れて足も折られて今からもう死にます」などとつぶやく。そして、子猫を簡易焼却炉に入れて焼く様子を映していた。子猫は、焼却炉から顔を出して苦しそうにしていたが、それでも女は蓋をかぶせ、平然と歌まで歌っている有様だった。


女は動画の中で、飼っている柴犬なども死んだとして、ほかのペットへの虐待もほのめかしていた。さらに、「どこまで殺せる? え~と、人間まで」と人への危害の可能性についても漏らしていた。


動画投稿後は、県警への通報が相次ぎ、女の家族からも連絡があった。垂水署員が当時、女を事情聴取したところ、女は、子猫の焼却や動画投稿も認めた。ただ、異常な言動だったため、本人や家族の同意を得て、病院の精神科に医療保護入院となっていた。


女は、治療を終えて8月16日に退院し、その日のうちに県警に動物愛護法違反の疑いで逮捕された。調べによると、女は4月18日、生後6か月のオスの子猫を自宅マンションのベランダに設置した焼却炉で焼き殺した疑いが持たれており、その様子をスマホで撮影して動画投稿していた。焼却炉からは、ほかに1歳の子犬1匹の死骸も見つかっている。女は、「取り返しのつかないことをした」と容疑を認めているという。

「動物虐待から大きな犯罪につながる」

事実関係ははっきりしないが、投稿動画などを見ると、容疑者の女は、別れたという夫の浮気相手の名前を子猫などに付けて、残虐行為に及んでいた。さらに、女のものとみられるツイッターには、浮気相手への殺害予告まで書き込まれている。また、夫へ危害を加えることを示唆するような文面もあった。


動物虐待では、過去には、それをきっかけに人に危害を加えるまで発展した事件がいくつかある。また、殺害予告をしていたケースでは、最近では、措置入院して退院後に予告通り障害者19人を殺害した神奈川県相模原市の事件がある。


今回、女を退院直後に逮捕したのは、こうした状況を考慮した結果なのだろうか。


兵庫県警の生活経済課では、J-CASTニュースの取材に対し、「焼却炉に犬の死骸もあり、事件の全容を明らかにするために逮捕しました」と次席が答えた。一方で、逮捕の理由とはしなかったものの、「1997年の神戸連続児童殺傷事件といった過去の事例を見ても、動物虐待から大きな犯罪につながる可能性があります」とも語った。