パキスタンで数百匹の犬が殺処分...目を覆いたくなるような光景に何を感じる?

※閲覧注意です※



ツナヨシからです。

http://tsunayoshi.tokyo/c/a7118dd1cf293ad20451a3b49a9106eb93d01792


パキスタンで数百匹の犬が殺処分...目を覆いたくなるような光景に何を感じる?

2016年8月17日


ふと見つけてしまったこの記事…。パキスタンの首都カラチで行われた大規模な犬の殺処分。愛犬家ではなくとも、目を覆いたくなるような写真や動画から私たちは何を学べば良いのでしょうか。



パキスタンの首都・カラチでの犬の大量殺処分

www.reuters.com

パキスタンの首都・カラチでは毎年多くの人が野良犬に咬まれ、被害を受けています。去年だけでも6500人の人が野良犬に咬まれて病院で治療を受け、今年も現在までに3700人が治療を受けたとされています。

この数字は病院で治療を受けた人の人数ですので、実際に野良犬から被害を受けた人はこれ以上の数字になると考えられます。

6500人という数字に耳を疑ってしまいますが、さらに耳を疑いたくなるような出来事が…。

この被害を食い止めるため、なんと少なくとも700頭以上の犬たちが捕らえられ、毒殺されたとのことです。

無慈悲にも殺されてしまった犬たちの姿を捉えた写真。

見渡す限りのスペースに、命を絶たれた犬たちの姿が写されています。 

また別のカメラでは動画が撮られています。

土砂でも処理するかのように、ブルドーザーは犬たちの遺体を処理していきます。

犬たちの足は紐が巻き付けられており、彼らの最後がどのようであったかを想像することは難しいことではありません。 

殺処分は問題の解決ではない

www.reuters.com

野良犬に咬まれるということは、ただ単に怪我を負うということの他にも狂犬病の恐れがあります。ワクチン接種を受けずに狂犬病を発症した場合、確実に死に至り、医療が進んだ現在でも確立した治療法はないと言われています。 

そういった狂犬病を防ぐ目的もあり、野良犬を減らすことは早急に解決すべき課題であったと推測しますが、この殺処分には怒りを覚えずにはいられません。

パキスタンがイスラム国家であり、イスラム教にとって犬は忌むべきものだとしても、何かもっと他に打開策はなかったのでしょうか?

www.reuters.com

今回、大量の殺処分で700頭以上の犬たちが殺されたことで、人的被害は少なくなるでしょう。

しかし、パキスタンからすべての野良犬がいなくなったわけではありません。犬たちは一度に数頭の命を生み出します。

生き残った犬たちは命を繋いでいき、また数年後同じ問題が発生することでしょう。そしてその時、カラチではまた同じように殺処分が行われるのでしょうか?

野良犬がいなくなるまで、殺処分を続けることは問題の解決ではありません。

いかなる宗教であれ、いかなる国であれ、動物たちが人間の身勝手によって殺処分されることがない社会になってほしいものです。

参照:Hundreds of stray dogs poisoned in Pakistani city of Karachi

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR