高級ホテルで里親探し?カナダの犬好きホテルが始めた画期的な救出プログラムとは?

ツナヨシからです。

http://tsunayoshi.tokyo/c/478a061beaab746d700bcd8911d8984f42d3bf01


高級ホテルで里親探し?カナダの犬好きホテルが始めた画期的な救出プログラムとは?

2016年8月12日


カナダのペットに優しいホテルとは?

barkpost.com

カナダのオタワ州にある高級ホテル、ウェスティンホテルは特別犬に優しいホテルなんです。

「100ドル追加料金を払えば犬の宿泊ができます」という普通のホテルのサービスとは全く違います。オタワ市内にあるホテルの中でもウェスティンホテルはペットに優しいホテルとして紹介されていて、ペットを連れた旅行客に人気のホテルです。

ウェスティンホテルでは犬のためのフカフカのベッドやエサと飲み物を入れておくためのステンレス製のボウルも用意していて、宿泊する犬のニーズにも応えてくれます。

ベルボーイは、飼い主が買い物に出かけている間に犬の散歩やトイレなどの面倒も見てくれます。犬を大事にしたサービスで飼い主も安心して旅行ができると評判のホテルです。犬のサービスが充実しているウェスティンホテルですが、昨年から新しい試みを始めました。

今回ホテルが始めた新しい試みは「犬に優しいホテル」を超えた新しいサービスでした。昨年の11月にウェスティンホテルは、飼い主のいない犬たちを救済するためにオタワのドッグレスキューと提携して「the Westin Wags Program」を始めたのです。

人が行きかい賑やかで、普段から音もうるさいホテルのロビーは、宿泊客に迷惑をかけることなく一時的に犬の保護施設として使うのにはもってこいの場所でした。

犬たちはこのウェスティンホテルに移動しても大丈夫かどうか気質や行動を見て事前に選ばれてここにやってきます。

ラウンジの真ん中には犬用の部屋

barkpost.com

日中たくさんの通行人が行きかうホテルのラウンジの真ん中には犬用の部屋が用意されていて、フワフワの寝心地がよさそうな犬用ベッドで眠れるようになっています。

夜はフロントデスクの裏の安全な場所を用意しました。

犬用の部屋にはホテルの従業員によってつくられたカナダのセンターブロックビルを模したドッグハウスもあります。真ん中の塔にはカナダの国旗も。

こんな素敵なお部屋で里親探しができる犬は、本当に幸運ですよね。

barkpost.com

ウェスティンホテルの従業員たちが里親を探す犬たちの散歩や食事の世話をしています。宿泊しているゲストにも話しかけたり触ったりしてもらいながら、犬を積極的に見て触れてもらうように工夫しています。

ゲストは気に入った犬をお散歩に連れだすこともできます。

たくさんの人と触れ合うことで犬たちも新しい家を見つけやすくなりますよね。もともと犬へのサービスが充実していて犬好きのゲストもが多いのも里親探しにはぴったりの環境です。

犬が大好きなホテルの人たち

apt613.ca

昨年このプログラムをスタートさせてから、ウェスティンホテルには可愛らしい子犬や、捨てられて人間から虐待を受けた経験のある犬たちが、年齢や種類に関係なくオタワのドッグレスキューからやってきました。

小型犬や中型犬は里親探しをするのにホテルは最高の環境でした。宿泊客からの注目度も高く、犬と触れ合う姿がよく見られます。

ゼネラルマネージャーのロス・メレディスさんはこのプログラムにくる犬たちが、里親を探すために努力しているということを誇りに思っています。

2匹の子犬たちがやってきた時にはトイレトレーニングの間、何度もカーペットを汚されましたが大変だとは思いませんでした。

犬たちは採用される前に、平均2週間から3週間をかけてチェックされます。

ウェスティンホテルのエグゼクティブアシスタントのエリア・ビジャマヨールさんは、保護施設に犬たちを見に行くのは少し悲しい気持ちになると話します。

でも、これはすべての犬にとって愛にあふれた生活始めるための一歩。ホテルに里親を探しにきていた犬が貰われていなくなるとホテルの従業員はいなくなると寂しがります。つぎの犬がホテルにやってくるまでの間だけですけどね。

メレディスさんは、オタワにあるほかの企業にもウェスティンホテルと同じように犬たちを助けるための活動をしてもらいたいと願っています。犬がいることで旅行に疲れた客宿泊客やビジネスマンを癒す効果が期待できます。これはホテルにとっても貴重な資産になると彼は確信しているのです。

忙しい旅行の最中にくつろぐためにどうしたらいいでしょうか?

一緒に遊べてお家に連れて帰ることができる、可愛らしい犬がいたら?旅行に疲れていても可愛い犬と触れ合うことでいい旅行の思い出も一緒につくれますよね。

何よりも犬が大好きというホテルの従業員の皆さんの熱い気持ちがこのプロジェクトを支えています。

犬が大好きなホテルの従業員から生まれた、宿泊客も犬もホテルも幸せになれる素敵な取り組み。

ウェスティンホテルに来る宿泊客からも好評だそうです。

日本の宿泊施設やお店で取り入れてみるのも面白いかもしれませんね。

参照:Pup-Loving Canadian Hotel Fosters Shelter Dogs To Help Them Find Forever Homes


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR