活動家マーク・チンさん 犬肉産業から犬を救う旅 ラオス~インドネシア

※閲覧注意の画像・動画があります。



アジアの犬肉産業の現場へ潜入し、その事実を記録、犬たちを救い続けている日系人のマーク・チンさん。(チンさんについては、過去記事をご参照ください)


彼のアジアを巡る最後の旅が始まりました。


1ヶ国目のカンボジアでは、数か所の屠殺場に潜入、事実の記録と犬の救出活動、さらには一ヵ所の屠殺場の閉鎖にも成功しました。


活動家マーク・チンさん 犬肉産業から犬を救う旅~カンボジア



以下、チンさんのFBより要約、翻訳しました。

https://www.facebook.com/marcching


チンさんは、次にラオスとインドネシアに渡りましたが、両国では業者に暴行を受けて飛行機を逃し野宿を余儀なくされるなど、思うように活動が進まず辛い日が続きました。


目を覆いたくなるような屠殺場での光景、犬猫の叫び声、血ばかりが目前に広がり、救えない命を思い涙を流しました。



13418991_10209709633438819_7392505862914336585_n.jpg

救えなかった犬。この子は盗まれた飼い犬でした。


13418970_10209724206723142_3729999320498881305_n.jpg


13465967_10209734002128021_3068514417767015710_n.jpg

犬だけではありません。猫も…。




レスキューの様子。足を切断された子を救い出しました。




そのような中で、小さな小さな命が、希望の存在が、懸命に生きようとしています。




生きたまま焼き殺された母犬のお腹から出てきた、小さな子犬。

今までで最も小さな、犬肉産業の犠牲にして生存者であるこの子のために、チンさんは必要な物資を買いに走り、急ぎ動物病院へ搬送しました。


現在、多忙なチンさんに変わり友人がケアをしているとのことです。


頑張って生きて!!



そして、チンさんは犬肉祭りが開催される中国・玉林市へ入ります。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR