【拡散希望】中国・犬肉祭りから犬を救出している楊さんへ、ご支援をよろしくお願いいたします!

毎年、中国・玉林犬肉祭りから犬を買い取り救出し、数多くの子たちをお世話されている、天津市に住む楊 愛云(ヤン・シャオユン)さん。


犬肉祭で虐殺されてしまうはずだった360匹もの犬を救った中国人女性の話




 yanjpg.jpg

   yansan.png 


yan5.png

o0500032613345231911.jpg

o0540096013344234634.jpg







昨年、保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会さんがご尽力くださり、楊さんへの支援のお願いをさせていただきました。


しかし、中国への送金や物資の送付は日本からですとなかなか困難があるようです。


そこで今回、ブログを通じて知り合った「栄さん」が、楊さん支援のために行動を起こしてくださいました。


毎年数多くの犬猫が、残酷極まりない方法で苦しめられ殺されています。

盗まれた飼い犬・猫も少なくありません。

犬肉祭りは、今年も6月21日に開催されると見られています。


3,000円で、2頭の命が救えます。


記事に目を通していただき、各自の責任のもと、ご支援、拡散のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。



以下、栄さんからお聞きしたことと、支援記事をまとめてくださった、栄さんのご友人、めめーる❤︎ねねさんの記事を元にまとめました。


すべて転載しますとかなり長くなってしまうので、さらに詳細をお知りになりたい方はねねさんのブログへ飛んでお読みくださいませ。


http://ameblo.jp/joymusam2anna/entry-12165892286.html

http://ameblo.jp/joymusam2anna/entry-12167159605.html



元モデルでありマルチに社会貢献されている彼女は、ベジタリアンでもあり、動物愛護活動を熱心にされています。

モデル時代のお写真です。


今は社会人として活躍してされているので、本名は控えさせていただきますが、お金を募る以上、きちんと社会的に活躍されていた証として、画像をお借りしました。

o0220032913660387985.jpg o0220029113660387991.jpg


o0480064213660245572.jpg
  ※栄さんと愛娘ローザちゃん(レオンベルガー)※


栄さんは中国とのパイプがあり、中国国内の口座を手配でき、また現地との連絡も取りやすいこともあり、現在、お仕事もお忙しい中で楊さんご本人とコンタクトを取り、現地の状況確認をされたり、フード支援を試みられたりと動いてくださっています。


楊さんは今年も、3日間かけて玉林市まで犬の救出に向かうそうです。


一昨年は360頭、去年は100頭を保護なさっています。
7,000元(140,000円)で100頭なのですが、本来はその資金ならもう少し買い取れます。しかし罵倒されながら3倍の値段で売りつけられるので、大変です。

楊さんは、現在1500頭弱の犬を保護されていますが、支援金が減るなど、場所の維持と確保、資金繰りはとても大変なようで、息子さんの家を抵当に入れてお金を作り、借金も抱えてらっしゃるとのこと。
朝5時に起きて、犬達のご飯を9時間かけて作り続け、掃除をする毎日だそうです。

 

栄さんから、楊さんとお話した際の音声も聞かせていただきました。後ろでたくさんの犬たちの鳴き声が響き、楊さんは現在の苦しい様子を切々と語られていました。



楊さんからのメッセージです。


「今は大きな寄付がないので、すごく苦しいです。

お金が足りなくても、絶対に玉林市に犬達を助けに行きます。

日本の愛心人士(愛と思いやりにあふれた人達)、本当にありがとうございます。どうか助けてください、救ってください、犬達を売る彼らは本当に酷いです。

私にいつでも連絡してください。答えられる限り、お答えします。
もう犬達が殺されるところを見たくない、絶対にやめさせたいです。

皆さんの力を貸してください。
本当にありがとう、皆さん。 本当にありがとうございます。」



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



以下は、栄さんからのメッセージです。



「今年の救出費用や、その後の保護の足しになる支援金をお送りしたいと思っています。

 

本当は私が時間が取れれば、天津まで行って直接渡して少し状況確認やお手伝いしたいのですが、今は送金が精一杯の状態です。

海外への支援ですし、こう言ってはなんですが何が起こるか分からない国なので、状況と裏をしっかり確認してから送ります。

ご本人とお話しして、今年も救出に向かうこと・現在の保護頭数等は確認できたので、次の打合せで、下記の確認をする予定です。


① ご本人の口座番号の再確認
② 先月日本の団体から送った約10万円は、しっかり受け取ってもらえたか?
③ 今年はどれくらいの犬を保護する予定か?
④ ↑そのための資金は確保できているのか?
⑤ 一ヶ月にかかる、犬達の養育費はどのくらいなのか?
⑥ 天津も夏は暑さが厳しいが、犬達の環境は大丈夫か?



現在の楊さんの状況に関して、とても切ない事実が判明いたしました。
楊さんのお言葉を、下記に分けてご報告いたします。
 
※楊さんは、犬達を「孩子=子供達」と呼ぶので、そのままの言葉でお伝えします。


① 今年も犬肉祭りに救出のため向かいます。6/17頃に出発して、祭りが開催される前に救出する予定です。

② ただ、今はとても苦しい状況です。(「非常非常苦」と重ね重ね涙されていたので、もらい泣きしてしまうほど苦しさが伝わってきました。)
  沢山の子供達を救いたいけれど、資金次第と言わざるを得ません。
  支援金総額から、何頭救えるか予定を立て、その分の車をレンタルします。

③ 1年程前からゴシップが出回り、寄付金を自分で使ったのではというデマで、支援者が激減してしまいました。
  それから、手伝ってくださっていた方々にお給料が払えなくなってしまい、今は一人で子供達と暮らしています。

④ 頂いた支援金で出来るだけ多くの子供達を救いたいですが、連れて帰ってきてからが、本当に大変です。
  子供達のご飯と薬が必須で、そこに一番お金がかかります。

⑤ 子供達に食べさせる主食は「大米」です。(大米とは日本でいう普通のお米です。)
  子供達の1ヶ月の食費は、約50,000元です。(今のレートで、約850,000円。1/1,500頭当たり約600円)

⑥ 日本の皆様、今回ご連絡をくださり、本当にありがとうございます。
  日本の愛心人士(思いやりと愛にあふれた人々という意味)の皆様のご支援に、心から感謝いたします。
  ありがとうございます、本当にありがとうございます。
  (※本当に、何度も丁寧にお礼を仰っていました。)



継続して状況確認をしてまいります。

 

確実に詳細な状況を確認してからと思い打合せに時間を割いていましたが、刻一刻と犬肉祭りの開催が迫り、支援を急ぎたいと思います。 

6月13日(月)には一度送金する予定です。

※頂いた支援金に関しては収支内訳書を作成しており、皆様へお送りいたします。しかし個人同士、また海外への支援ということで疑問もあるかと思います。

皆様へ、より信頼性のある報告書でお伝えするために、第三者の目が必要なので、公認会計士・税理士に監査をお願いしています。
責任をもって全額を送金させていただきます。

例え今回の救出が数十頭と少なかったとしても(一昨年は360頭、去年は100頭)、今いる1,500頭の犬達が支援を待っています。



1万頭の犬達の中で救えるのは数%かもしれませんが、たとえ少しでも、今回の支援が助けを待つ犬達の希望の光になると信じております。


思いやりの心と強い想いは国境を越えます。
皆様のご支援を、何卒よろしくお願い申し上げます。


楊さんが一人で頑張ってくれていますが、彼女が無理をして倒れたりしたら、1,500頭の犬たちや、今年助けられる何頭かの犬たちの命はどうなってしまうのでしょう。。

せめて助けられた命が、また食肉にされてしまわないように、我が子へ注ぐ愛を少しだけ分けていただけませんか?

3,000円で、2頭の命が救えます。。


ご支援いただける方は、


【メールアドレス】
earth.world.love.peace@gmail.com


までご連絡をください。

折り返し、振込先等の情報をご返信させていただきます。」


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR