クマによる人身事故防止の呼びかけ

タマらんブログさんからです。

http://doubutsuforum.blog.fc2.com/blog-entry-634.html



秋田県でのツキノワグマによる死亡事故を受け、
日本クマネットワークのHPに掲載された〈注意〉の呼びかけです。

クマによる人身事故を防ぐため、転載などして頂ければ幸いです。

http://www.japanbear.org/cms/

以下、HPより転載です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋田県の山中で2件の死亡事故が発生しました
秋田県鹿角市でツキノワグマによる死亡事故が2件、発生しました。
その他の地域でも、いくつかの人身事故が発生しています。
被害者の皆様、ご家族には心よりお見舞いもうしあげます。
 
今の時期は、冬眠から目覚めたクマが、体力回復のため
食べ物を求めて活発に行動しています。
この冬に出産した子連れのクマもいます。
乳飲み子を連れた母グマは、神経質で、子グマを守るために
攻撃的になりやすいと考えられています。

一方、この季節は、山菜取り、ハイキング、トレールランなどの
野外活動を楽しむため、大勢の方が山に入られます。
今回鹿角市で発生した事故も、チシマザサ(ネマガリタケ)の
タケノコ採りの最中に発生したものです。
今の季節、チシマザサの藪では大量のタケノコが出現しています。
甘く柔らかいタケノコはツキノワグマの大好物であり、重要な食物です。
そのため、例年、タケノコを求めて多くのクマが集中します。
この時期のタケノコ取りには、充分な注意が必要です。

多くの山は、クマの生息地でもあります。
山に入る場合には、クマの生息地であることを十分認識して、
単独で行動しない、クマと出合わないように
音のなるものを身に着けるなどしましょう。
見通しの悪い場所を通過するときには、大きな声や音を出し、
一息入れてから通過することも有効です。
もし、クマに出合ってしまった場合には、
背中を見せて走って逃げるようなことはせずに、
クマを観察し、ゆっくり離れていきましょう。
万が一のために、近くに木の棒、石など武器になるものがあったら
手に持ちましょう。また、クマが向かってきた場合には、
市販のクマスプレーの使用も有効です。


JBNでは、クマによる人身事故予防のため、
全国の人身事故情報をとりまとめた報告書を作成しています。
次のURLにありますので、ぜひ御一読ください。
http://www.japanbear.sakura.ne.jp/cms/pdf/110528jinshinjiko_houkokusho.pdf

転載以上。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR