「ペット里親サイト」で譲り受けた猫を殴り死なせる 男を書類送検

※記事追記


センターから引き取った猫も虐待したとのことです。


中日新聞からです。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016052190000145.html


2016年5月21日 00時01分

猫引き取り虐待、容疑で男性書類送検 愛知県警


 動物愛護センターから猫を引き取り虐待したとして、愛知県警が動物愛護法違反の疑いで、県内の40代の無職男性を書類送検していたことが、捜査関係者への取材で分かった。送検は17日付。


 送検容疑では、昨年6月、当時住んでいた名古屋市千種区のアパートで、市動物愛護センター(千種区)に保護されていた雌の猫を引き取り、手でたたいて虐待したとされる。容疑を認めているという。


 捜査関係者によると、インターネットを通じて別の猫を男性に譲渡した市内の女性が、猫の状況を写真で送ってもらうと衰弱した様子だったため虐待を疑い、県警に相談したのを機に発覚した。


 愛護センターによると、男性は6月に猫を引き取った後、「(1匹目が)死んだのでもう1匹欲しい」とセンターに要望。ネット上で男性の虐待を疑う声が広がっていたことなどから、センターは2度目の引き渡しには応じなかった。石川登紀子所長は「譲渡する相手とよく話し合い、飼育できる環境かどうか確認を徹底したい」と話した。



~記事追記・転載以上~




ヤフーニュース(FNN)からです。(記事・動画はすでに削除されているようです)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160520-00000250-fnn-soci



「ペット里親サイト」で譲り受けた猫を殴り死なせる 男を書類送検


フジテレビ系(FNN) 5月20日(金)13時8分配信

インターネットの「ペット里親サイト」を通じて譲り受けた猫を殴って死なせたとして、警察が、40代の男を書類送検していたことがわかった。男は、同様の手口で、猫の虐待を繰り返していたとみられている。

動物愛護法違反の疑いで書類送検されたのは、40代の無職の男で、愛知・名古屋市内に住んでいた2015年6月、インターネットのペットの里親サイトで譲り受けた猫を、平手で殴るなどして死なせた疑いが持たれている。

元の飼い主から「猫を譲り渡したあとに、男と連絡が取れなくなった」などの相談が相次いだことから、警察が捜査に乗り出していた。

男に猫を譲った別の女性は「今は後悔しかありません。なんで、あんなところに置いていってしまったんだろう。何十匹の猫が犠牲になったか、わからないので...」と話した。

調べに対し、男は「言うことを聞かないことに腹が立って殴った」と供述しているという。

ペットの里親サイトをめぐっては、インターネットのやりとりで、飼い猫などを譲り受けることができ、動物虐待の温床と指摘する声も上がっている。



~転載以上~



書類送検の場合、軽い事件として不起訴になるケースが多いということですが…どうなるのでしょうか。


悪質な虐待犯ですよね…今後も繰り返す恐れがあり、これ以上の犠牲を出さないために氏名を公表してほしいという声が多く見られます。同感です。。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR