6月開設の動物救援センター、最大500匹受け入れへ 九重町

西日本新聞からです。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/246339


6月開設の動物救援センター、最大500匹受け入れへ 九重町


大規模災害時に飼い主と暮らせなくなったペットを都道府県の枠を超えて保護する、全国初の「九州災害時動物救援センター」の予定地(大分県九重町)が19日、報道陣に公開された。


 センターは来春開設予定だったが、熊本地震を受けて6月に前倒しする。九州各県の獣医師会の協力を得て、一般社団法人・九州動物福祉協会(福岡市)が運営。九州電力キャンプ場跡の一部(約3万平方メートル)を借り、既存施設を改修して犬猫用の建物などを整備する。当初は約50匹を受け入れ、最大500匹まで拡大する計画。受け入れ期間は最長1年をめどに3カ月ごとに飼い主と協議して決める。予防接種などを除き無料。


 公開に先立ち、熊本市を訪問し、熊本県獣医師会などと協議した日本獣医師会の蔵内勇夫会長は「熊本には援助が必要なペットが少なくとも300~400匹いる。被災者支援の一環としてセンター開設を急ぎたい」。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR