今日、5月6日「こげんたの命日」 風化させたくないこげんた事件

めー子さんからです。

http://ameblo.jp/yayamin/entry-12157492233.html


2002年5月6日こげんたの事件が起きた日。

2002年5月6日(平成14年)
深夜ネット掲示板(動物嫌い板)の2チャンネル内で子猫虐殺事件が起こりました。
1歳にならないこげんたちゃんは、深夜4時間にも及ぶ虐待に耐え続け殺され遺棄されました。

小さなこげんたちゃん
どんなに怖かったか、不安だったか、痛かったか、苦しかったか。

今日は、こげんたちゃんの命日。
いまだに無くならない、猫虐待。
もはや、多くなっているようにも思える。
動物虐待は犯罪である事を、動物を遺棄する事も犯罪だと言う事を
どうぶつだから、猫だからいいなんて理由はない。
本来の人間は、弱者を、どうぶつを守るべき存在。
小さな命を大切にしてほしい。
動物虐待、猫虐待がなくならない今
もう、この苦しみを繰り返さないで欲しい。
こげんたちゃんの、この苦しみを風化させないために書き留めました。



写真:Dear,こげんた―この子猫を知っていますか? mimi

~以下、転載~

こげんた事件とは……。
子猫がある日、インターネット上で虐殺公開されます。それを知った多くの人々が、立ち上がり、犯人の異例逮捕、有罪判決へとつながりました。

この事件の判決は、その後宇都宮での動物虐待事件、川崎での猫連続虐殺事件などの判決にも多大な影響を与えました。
さらに、警察や裁判所を始め、マスコミ、環境省にも国民の動物への関心を示す結果となりました。
この事件をきっかけに、活動や関心は広がり続け、今も大きな波となって日本をおおいつくそうとしています。
 
 たかが、猫。
一匹の野良猫。
その猫のために涙した3万を超える人がいた。
なぜ、一匹の猫にこれほどまで人が動いたのか?

それぞれの「こげんた物語」を通して見えてきた日本の社会を、一緒に考えてみませんか。
 
 
〈関連記事〉
●事件の経緯

http://www.tanteifile.com/diary/special/kiji.html
●福岡猫虐待事件(こげんた事件)とは【松原潤】 - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2139002130950136401



{5F53457C-A1E8-40E6-B315-D46668F049B1}

こげんたちゃんは、もう苦しみから解けているよね。


~転載以上~



星空関連リンク

Kogenta.com


http://www.tolahouse.com/sos/candle.htm



Dear,こげんたでは こげんたちゃんの命日に毎年「追悼キャンドル」を行っています
時間:日本時間 5月6日から7日に変わる零時
    (就寝時間が決まっている人は この時間でなくても構いません)
方法:黙祷
    黙祷(心の中でこげんたちゃんをはじめ、虐待された動物に祈りを捧げてください)
        目を瞑って手を合わせて心の中で祈ってください。

*キャンドルは火の扱いが危ない場合もありますので、
出来る方だけ キャンドルをつけてお祈りしてくださいね

時間や場所やキャンドルなど都合によって難しいこともあると思います。
心の中でそっと手を合わせてお祈りをするだけで
世界中の「こげんたちゃんが心に住む人たち」の心がこの瞬間に繋がります。

*注:くれぐれも黙祷後はすぐにキャンドルを消してください。
小学生の方は保護者の方と一緒か、もしくはキャンドルなしで黙祷をしてくださいね

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR