(熊本地震)同行避難 検証 飼い主編 同行避難への認識と実情

現地で活動されているHUG THE BROKENHEARTSさんからです。

https://www.facebook.com/notes/hug-the-brokenhearts/%E5%90%8C%E8%A1%8C%E9%81%BF%E9%9B%A3-%E6%A4%9C%E8%A8%BC-%E9%A3%BC%E3%81%84%E4%B8%BB%E7%B7%A8-%E5%90%8C%E8%A1%8C%E9%81%BF%E9%9B%A3%E3%81%B8%E3%81%AE%E8%AA%8D%E8%AD%98%E3%81%A8%E5%AE%9F%E6%83%85/942899485826300


13118972_942911312491784_1146645259528648884_n.jpg


同行避難 検証 飼い主編 同行避難への認識と実情


1飼い主の同行避難についての認識 

今回避難所での同行避難の現状を検証して、飼い主の同行避難に対する認識を考えてみると、ほとんどの飼い主が同行避難が何たるかを理解していなかった事がわかった。
 
認識のパターンは
 
1同行避難を室内同伴と勘違いしていた飼い主
 
2同行避難出来る事を知らずに最初からペットを家に置いてきた飼い主や車中泊を選択した飼い主
 
大きく分けるとこの二つのパターンが考えられる
 
この認識の違いと間違いは避難所でのトラブルやクレームに繋がり、更に飼い主である人間にも悪影響を与える恐れも十分にある。
 
1のパターンの場合は飼い主が室内同伴が当たり前と勘違いをして、避難所の管理者が同行避難して来た飼い主とそうでない人々の居住スペースを分ける為に飼い主側に移動を求めると飼い主側からのクレームでトラブルが起きる事例がいくつかの避難所で見受けられた。
 
2のパターンの場合は余震で崩壊する危険性が残る自宅にペットを残す事で、迷子や脱走、死亡の危険性と、給餌に帰宅した際の飼い主の二次被害も考えられる。
 
また今回の熊本地震で大きな問題になっている車中泊についても実態を完全に把握出来ている訳ではないが、かなり多くの飼い主たちがペットと共に車中泊を選択していて、その理由は同行避難が出来ないと勘違いしている事と、避難所にペットを同行する事への抵抗や遠慮からだと考えられる。この選択がエコノミークラス症候群をはじめとする飼い主への健康被害に繋がる危険性があるのは充分予想される事である。
 
この様に同行避難への認識不足はペットだけではなく、彼等を「家族」と考えている飼い主である被災者本人にも悪影響を与える危険性を孕んでいる。
 
飼い主が同行避難についてきちんと環境省のガイドライン通りに認識していたのかどうか?その点では全く認識していなかったと言うのが現状。
行政側に求められるのは環境省のガイドラインにもある様に飼い主への同行避難自体に対しての周知の徹底と、啓発。
 
また飼い主側は災害の緊急時に自治体がどう「家族」であるペットを扱うのかを普段から認識しておく事が重要であって、その周知徹底と、飼い主側の普段からの認識が避難所でのペット問題によるトラブルを未然に防ぐ事にも繋がる。

同行避難での一番の大きな課題は飼い主側にある事は間違いありません。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR