18匹に里親 長野市の山中に捨てられた猫21匹

産経新聞からです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160428-00000553-san-soci


18匹に里親 長野市の山中に捨てられた猫21匹

産経新聞 4月28日(木)17時16分配信


21catshikitori.jpg

山中で保護され引き取り手を待つ3匹の猫=28日、長野市保健所(写真:産経新聞)


長野市信州新町の山中で遺棄されたとみられる猫21匹が見つかった問題で、猫を保護した市保健所に28日までに県内外から問い合わせが殺到し、18匹の引き取り手が見つかった。残る3匹も新たな里親のお迎えを心待ちにしている。

 21匹の猫は保護された当時、極めて空腹の状態にあり、衰弱している猫もいたが、おおむね元気を取り戻しているという。28日には、残された3匹の猫たちが保健所の鉄製のケージの中で身を寄せあっていた。

 同日には「3匹の猫がいる」という情報が近くの住民から寄せられ、市が付近を捜索、1匹を保護した。

 26日の問題発覚以降、市には連日60~70件の電話の問い合わせがあり、直接訪れた人も30組ほどいる。1匹を引き取った市内の女性(56)は「猫ブームといわれているが、猫は生き物。覚悟と責任を持って飼うべきだ」と憤りをあらわにした。

 市保健所の担当者は「飼い主が最後まで面倒をみるのは当たり前のこと。困ったら捨てるなんて無責任なことをせずに保健所に相談してほしい」と呼びかけている。

 猫の譲受を希望する人は市保健福祉部食品生活衛生課(電)026・226・9970まで(平日のみ)。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR