猫の殺処分を減らそう 高知県が不妊手術費用の助成

高知新聞からです。

http://www.kochinews.co.jp/article/18123


2016.04.27 08:45

猫の殺処分を減らそう 高知県が不妊手術費用の助成

繁殖し過ぎて殺処分される猫を減らそうと、高知県がメス猫の不妊手術費の助成を行う。独自に助成する高知市以外の地域で実施し、飼い主がいない猫も対象。申請締め切りは2017年2月28日で、それまでに予定数に達すれば終了する。

 県内の猫の殺処分数は減少傾向にあるものの、2014年度は2140匹。助成は3年目で、2014年度に554匹、2015年度に581匹が助成によって不妊手術を受けた。

 飼い猫は1匹6千円、飼い主がいない猫は1匹1万円を、それぞれ300匹ずつ助成する。申し込みは、申請書(高知県食品・衛生課や福祉保健所、高知県ホームページ で入手)に記入し、猫の生息地を所管する福祉保健所に持参する。

 問い合わせ先は、高知県食品・衛生課(088・823・9673)か、安芸福祉保健所、中央東福祉保健所、中央西福祉保健所、須崎福祉保健所、幡多福祉保健所の各福祉保健所。高知市は生活食品課(088・822・0588)。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR